広島が創価大・田中1位指名へ「競合覚悟」オーナー

広島が創価大・田中1位指名へ「競合覚悟」オーナー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

広島が19日、松田元オーナー(65)、緒方孝市監督(47)を交えた最終のスカウト会議を行い、創価大・田中正義投手(4年=創価)を1位指名することを明言した。

会議を終えると松田オーナーが「一番いい選手でいく。競合覚悟。田中でいくよ」と明言した。右肩の不安も問題ないと判断し「ものが違う。150キロも投げられるが、140キロ台の直球でもあれだけ伸びるのは珍しい」と最大の評価を下した。競合となれば、くじは緒方監督が引く。広島は昨年岡田の一本釣りに成功。競合となれば一昨年の有原以来となり、引き当てれば13年の大瀬良以来となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ、前阪神ゴメス獲得決定的 デスパイネのソフトバンク流出確実で
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
阪神北條と少年野球戦友 大阪橋本がバスケ代表候補
DeNAまとめサイト問題 ベイスターズへの”影響”はあるのか? 南場会長の回答は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加