青木宣親、途中出場で遊ゴロと四球 メッツは逆転負けで5連敗

青木宣親、途中出場で遊ゴロと四球 メッツは逆転負けで5連敗

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/16
No image

敵地でのブレーブス戦に途中出場したメッツの青木宣親

○ ブレーブス 3 - 2 メッツ ●
<現地時間9月15日 サントラスト・パーク>

メッツの青木宣親は15日(日本時間16日)、敵地でのブレーブス戦に途中出場し、1打数無安打、1四球の成績だった。チームは逆転負け。連敗は「5」に伸びた。

青木は1点を追う7回に、先頭打者として代打で登場。ブレーブスの3番手・ラミレスの前に追い込まれてからファウルで粘ったが、最後は10球目の直球を打ち遊ゴロに倒れた。

そのあと右翼の守備に入り、9回は一死無走者の場面で2度目の打席。ここでも相手5番手・ビスカイーノの前に粘り、最後は四球を選び出塁した。この試合は2打席を消化し、1打数無安打、1四球の成績。快音は聞かれず打率は.268となったが、2打席で相手投手に16球を投げさせた。

メッツは9回の青木出塁も活かせず、1点差のまま惜敗。今季の通算成績は63勝84敗となり、借金は「21」に膨らんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダル、途中加入で地区V「みんなのおかげ」 勝利の美酒は「家でビール1杯」
イチロー契約延長の条件とは? MLB公式HPが担当記者の見解伝える
「最驚のMVP」歴代1位にイチロー 懐疑的な見方覆し栄冠、MLB公式サイト選出
ダルビッシュ、前田所属のドジャースが地区5連覇! ベリンジャーが39号決勝弾
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加