最新ランキングをチェックしよう
叩いて叩いて、薄い鉄板がまさかの生き物に

叩いて叩いて、薄い鉄板がまさかの生き物に

  • JBpress
  • 更新日:2017/09/16

本郷真也さんの新作『流刻』(2017年)。モチーフはオオサンショウウオ

 ガン、ギン、グワン。
 千葉県北部。江戸川にほど近い田園地帯に、金属を叩く音が鳴り響く。
 鍛金作家・本郷真也さんのアトリエがあるからだ。
 本郷さんは、鉄を素材にして、動物の姿を実物大でリアルに形づくる「鉄の作家」である。精妙な作品からは、動物の生気までもが感じられ、見れば見るほど引き込まれる。
 本郷さんのアトリエにて

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
山田優ヤバイ!衝撃的な「激ヤセ」写真公開でファン「気持ち悪い」と酷評。
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
NYの2000円ラーメンを笑う日本人に教えてあげたい「景気の話」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加