阪神がメッセンジャー、マテオの残留を発表 メッセは8年目のシーズンへ

阪神がメッセンジャー、マテオの残留を発表 メッセは8年目のシーズンへ

  • フルカウント
  • 更新日:2016/11/29

来季の契約を締結、マテオは後半戦に守護神として好投

阪神は29日、ランディ・メッセンジャー投手、マルコス・マテオ投手と来季の契約を締結したと発表した。

メッセンジャーは2010年に加入し、2年目の11年から4年連続で2桁勝利をマーク。14年は13勝(10敗)で最多勝、13、14年は奪三振王に輝いた。昨年は9勝(12敗)に終わったが、今季は再び2桁となる12勝(11敗)を挙げて、防御率3.01。7シーズンで通算199試合に登板し、73勝65敗、防御率3.05。エージェント会社は2年契約とツイッターで発表している。来季が阪神で8年目のシーズンとなる。

マテオは今季から加入し、52試合に登板して1勝3敗20セーブ7ホールド、防御率1.80。前半戦は試合を壊すこともあったが、後半戦は守護神として安定した投球を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・阿部、小林に丸刈り指令!?自主トレに「バリカン持ってこい」
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
巨人がマギー獲得 楽天で28発、打線の起爆剤に
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加