年俸2億円超えの西武・浅村 自ら単年契約を希望したワケ

年俸2億円超えの西武・浅村 自ら単年契約を希望したワケ

  • フルカウント
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改に臨んだ西武・浅村栄斗【写真:上岡真里江】

「全部の部分であと一歩届かなかった」、内に秘める悔しさ

今季から西武の主将を務める浅村栄斗が5日の契約交渉で5500万円アップの推定2億1000万円、単年でサインした。自身初のキャプテンの大役を務めあげ、「よく引っ張ってくれたと言っていただいた」と、球団から高い評価を得たものの、自身の成績については、「もっとできたと思いますし、悔しいシーズンだった」と、唇を噛んだ。

シーズン前、『3割、30本塁打、100打点』を目標に掲げスタートしたが、打率.291、19本塁打、99打点という結果に終わった。「最後の最後で3割も切ったし、打点も、かなりチャンスはあったのですが、届かなかった。ホームランに関しても、(20本まで)あと1本届かなかったですし、全部の部分であと一歩届かなかった」。

だからこそ、余計に悔しさが募る。来季、改めて自らに3割、100打点を課し、「それが優勝にもつながれば嬉しい。来年もう1回、必死にやりたいと思います」と、決意を新たにした。

来季は、順調にいけば、国内FA権取得となる見込みだ。すっかりチームの“顔”となったスター選手に、球団は複数年提示を用意したが、本人は、年齢も若いこともあり、単年での契約を希望した。

「甘えを持ってやりたくなかった。あかんかったら、(年俸が)下がると思うし、良かったら、また上げてもらえると思うので、そこでプレッシャーをかけて来年もやりたい」

勝負師として、さらなる進化を胸に期した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトBデスパ人生初ハワイーーネ!! 来年はキューバがイイネ
金本監督、藤浪&大山は東京五輪行ける レジェンドの前で堂々指名
松坂大輔が破格の“安売りセール”で阪神、中日に移籍打診?!
Cygames×挌闘家・那須川天心の新CM公開。歌はワンオクTaka絶賛の新人RUANNが担当
プロ野球クローズアップ=2017年回顧(上)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加