“おしゃれな人のインスタ”を追うと、流行遅れなダサ子になる

“おしゃれな人のインスタ”を追うと、流行遅れなダサ子になる

  • 女子SPA!
  • 更新日:2016/12/01
No image

世界中でインスタグラマーがコーデを披露していますが…

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」09 by小林直子●

◆Q.何が流行で何がダサいのかわかりません

今、何が流行っていて、何が流行遅れなのかよくわかりません。どうしたらわかるようになるでしょうか?

◆A.定点観測して「未来のもの」を買うこと

回答:小林直子(ファッション・ブロガー)

服も靴もバッグも、いつでも自分の未来のため買います。過去の自分に着せたり、はかせたりすることはできません。ですから、買うときはいつでも、これから先どうなっていくか、考えなくてはなりません。つまり、流行遅れのものは避けたほうがいいということです。

流行遅れのものを買わないためにも、ある程度、流行はどちらの方向を向いているのかを把握しておく必要があります。また、おしゃれに見せるためにも、流行を完全に無視することはできません。

そのためにお勧めしているのは定点観測です。実店舗の定点観測がお勧めですが、住んでいる地域にいいショップがない場合は、インターネット上のHPでも構いませんので、自分でどこか1つを決めて、そこを定期的にチェックすることをお勧めします。

◆同ブランドのコレクションや、同じショップを定期的に見よう

例えば、パリ・コレクションに出ているようなブランドで自分が好きなところがあるならば、たとえ自分がそれを買わないとしても、そこのコレクションだけはいつもインターネットでチェックするといいでしょう。今は動画も公開されていますから、より全体の感じがわかりやすくなっています。

⇒【YouTube】はコチラ WOMEN’S AND MEN’S CRUISE COLLECTION 2017 https://youtu.be/Hg8HiK4MUGE

たとえば、ボッテガヴェネタの2017年クルーズコレクションですが、3色ルール(服、バッグ、靴、小物も含めて、使う色を3色以内にする)の見本のようないいコレクションです。

身近におしゃれでお気に入りのショップがある場合は、そこへ定期的に通うといいでしょう。2週間に1度でも、1か月に1度でも構いません。ウィンドウをながめるだけでもいいし、中に入って試着してみてもいいです。

そうして同じところを常に観察することによって、おのずとシルエットの変化や、新しいスタイリングについてわかるようになってきます。1年も続けてみれば、感じがわかるようになるでしょう。

◆“おしゃれな人のインスタ”は、少し遅れた情報

ただしこのとき、例えばセレブやモデル、スタイリストのインスタグラムを追うことはお勧めできません。もう誰かが買って着用した時点で少し遅くなりますから、あくまでも発信元であるブランドそのものか、それを売る店舗のほうが定点観測には適しています。

流行は、パリ、NY、ロンドン、ミラノなど、各コレクションで発信され、それがドメスティック・ブランドと呼ばれる日本国内のブランドへ、そしてショッピング・モールなどで売られるブランド、最終的にはしまむらなどの、ロードサイドに路面店がある量販店まで広がった時点で終わりです。

しまむらで大量に売られるようになったとき、オリジナルのデザインは薄まって、ほとんどそのエッセンスはない状態で、おばあちゃんや子供がそれを買って着るようになります。おばあちゃんと子供が着るようになったら、その流行は完全に終了です。あとは流行遅れになるのを待つのみとなります。

◆直近の流行物をセールで買うのはキケン

現在、流行は2000年以降続いたタイトでミニマム、シンプルなスタイルから、ビッグ・シルエット、そして、ルネッサンスまでさかのぼるような過去の時代のディテールを過剰な装飾と色彩をもってふんだんに取り入れ、そこにスポーツやアウトドアの要素をあわせていくというハイパー・ミックスへ完全に移行しました。過去の流行周期から鑑みても、この傾向は今後10年続き、より高度に洗練されていくでしょう。

定点観測を続けて、ファッションの流れを把握してからお買い物をしましょう。とくにセールのときには気をつけてください。もうすぐにでも流行遅れになるようなものは買わないこと。

一番直近に流行ったものが流行遅れになったそのときにそれを着ると、一番格好悪く見えるのがファッションです。くれぐれも、自分の未来のために流行遅れのものを買うことがないようにしましょう。

<TEXT/小林直子>

【小林直子】
ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【体の不思議】耳にできる「くさい穴」を知ってる? 衝撃の認知度とは......
自分の嘘もすぐに忘れる蓮舫の記憶力の悪さ。朝日新聞すら擁護できず
ベビーカーにベビーでなく荷物を載せる親がいる理由 秀逸投稿が話題
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加