ペテランセル痛恨のタイムロス、サインツがダカール総合首位浮上

ペテランセル痛恨のタイムロス、サインツがダカール総合首位浮上

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/14
No image

ダカールラリー、第7ステージ。(2018年1月13日撮影)。

【AFP=時事】ダカールラリーは13日、第7ステージが行われ、プジョーのステファン・ペテランセル(フランス)はサスペンションの故障に見舞われて1時間45分ほど立ち往生し、通算14度目の優勝の希望は壊滅的な打撃を受けた。

3連覇を目指すペテランセルは、ボリビアの首都ラパスからウユニへ向かう途中の186キロ地点でストップした。チームによれば、ペテランセルが他の競技者を追い抜こうとした際に、石がサスペンションへのダメージを引き起こしたという。

52歳のペテランセルは総合首位に立ち、チームメートで2位につけるカルロス・サインツ(スペイン)に27分10秒という大きな差をつけてこの日のスタートを迎えていた。

チームメートのシリル・デプレ(フランス)の助けを借りてレースに復帰したものの、サインツから遅れること1時間47分56秒後にフィニッシュしたペテランセルは、首位に浮上したサインツに逆に1時間20分46差をつけられ、3位に転落している。

ステージ2位にはジニエル・ドヴィリエ(南アフリカ)、3位にはナセル・アルアティア(カタール)と、トヨタ勢が入っている。

一方二輪では、ホンダのホアン・バレダ・ボート(スペイン)が今大会3勝目を挙げたが、ヤマハのアドリアン・ファン・ビベレン(フランス)が再び総合首位に浮上した。

ファン・ビベレンは、第6ステージを終えて総合首位に立っていたホンダのケビン・ベナバイズ(アルゼンチン)を逆転し、逆に3分14秒のアドバンテージを得た。総合3位には4分45秒差でバレダが付けている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ラッパーUZI、大麻所持の疑いで逮捕 「フリースタイルダンジョン」も放送中止
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
【ギンギン】新商品「夜のペヤング」を食べてみた結果 → ごめん、ちょっとなに言ってるかわからない
松本潤が葵つかさと「結婚」前提の交際再開へ
セブンの惣菜、ファミマと食べ比べると「ここまで差が出るか」というほど美味しい謎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加