平野歩夢 さらなる飛躍を誓う銀メダル「上に目標があるのはいいこと」

平野歩夢 さらなる飛躍を誓う銀メダル「上に目標があるのはいいこと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)が2回目で95・25点をマークし、2大会連続の銀メダルを獲得した。日本のスノーボード選手が複数のメダルを手にしたのは初めて。

No image

ショーン・ホワイト(中央)、スコット・ジェームズ(右)と肩を組む平野歩夢(AP)

【平野との一問一答】

――試合を振り返って。

今まで準備してきたことは2本目にうまく出せた。3本目で(2本目の5発ルーティンから)もう1発足せればよかった。それが途中で失速してしまったので、この結果はしょうがない。最後を決めたかった。

――ソチの銀メダルとの違い。

あの時は悔しさも特になかった。自分の中にあるもので獲っちゃった。今回は頂点を狙うために練習してきて、その中でケガがあったり、考え込むような4年間だった。

――表彰式では笑顔は見せなかった。

前回と同じ結果で悔しい部分も当然ある。自分の気持ちが笑えるところまでたどりつけてない。

――練習してきた1440の連続技はつないだ。

それはうれしい。3本目は着地が決まらなかった。今日は天候も暗いというか、視界が見えづらかった。

――ホワイトの3本目を待っている心境。

高さや着地の完成度を含めて、彼の“過去イチ”の滑りが出ていた。当然越されるだろうなと感じていた。

――金メダルは遠く感じた?

自分が今回できることは精いっぱいやれたと思う。それで結果が銀メダル。自分も受け入れられる。目標がなくなるより、さらに上に目標があるのはいいこと。それを生かせればいい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「大杉漣さんが“ゴチ”で自腹」視聴者の涙誘う
「金も時間も損している」「コスト削ればいいという考えは無能」 人月単価が150万円の業者から70万円の業者に変えた結果がまるでイソップ童話
入籍前夜、突然の○○ #本当にあった怖い恋愛
ネタかな?大手キャリア3社が「打倒LINE」で見当違いな施策を打ち出す
タブレット市場はこのまま萎んでいくのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加