最新ランキングをチェックしよう
2024年、人類火星に立つ? - 進化したイーロン・マスクの「火星移民構想」 (2) 進むロケットエンジンやタンクの開発、そして"より良い火星着陸の方法"とは

2024年、人類火星に立つ? - 進化したイーロン・マスクの「火星移民構想」 (2) 進むロケットエンジンやタンクの開発、そして"より良い火星着陸の方法"とは

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

スペースXを率いるイーロン・マスク氏が「火星移民構想」を明らかにし、世界中に衝撃を与えてから1年。2017年9月29日、マスク氏はこの火星移民構想の"改訂版"を発表した。この改訂版では、ロケットや宇宙船の大きさこそやや小さくなったものの、有人火星飛行を行うという目標は潰えておらず、相変わらず野心的なままだった。そして最後に、あるサプライズも明らかにされた。

第1回では2016年の発表と今回とで大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
月は人工の物体か?=科学者の推測
人類の祖先はなぜ海から陸に進出したのか?という謎について通説を覆す新たな研究結果が発表される
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
光学の多重反射概念を覆す光の対称性を発見 - 東北大
羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加