最新ランキングをチェックしよう
2024年、人類火星に立つ? - 進化したイーロン・マスクの「火星移民構想」 (2) 進むロケットエンジンやタンクの開発、そして"より良い火星着陸の方法"とは

2024年、人類火星に立つ? - 進化したイーロン・マスクの「火星移民構想」 (2) 進むロケットエンジンやタンクの開発、そして"より良い火星着陸の方法"とは

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

スペースXを率いるイーロン・マスク氏が「火星移民構想」を明らかにし、世界中に衝撃を与えてから1年。2017年9月29日、マスク氏はこの火星移民構想の"改訂版"を発表した。この改訂版では、ロケットや宇宙船の大きさこそやや小さくなったものの、有人火星飛行を行うという目標は潰えておらず、相変わらず野心的なままだった。そして最後に、あるサプライズも明らかにされた。

第1回では2016年の発表と今回とで大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
実験動物を使わない皮膚アレルギー物質検査法を確立 - 東北大
二次元物質「グラフェン」が永久機関になる可能性がガチ浮上! “夢の新素材”がフリーエネルギー時代をもたらす!(最新研究)
コレジャナイ感!ティラノサウルスの最新想像図が公開される!
地球が生みだしている「謎のノイズ」の詳細が新たに判明、季節による違いはなく固有周波数も明らかに
全固体マグネシウムイオン電池向けの固体電解質を発見 - バークレー研究所など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加