落語家・柳家小蝠さん、肺炎のため死去 42歳 4年前に真打昇進

落語家・柳家小蝠さん、肺炎のため死去 42歳 4年前に真打昇進

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/01/13
No image

肺炎のため42歳の若さで急逝した落語家の柳家小蝠さん

落語家の柳家小蝠(やなぎや・こふく=本名:新井淳一)さんが12日、肺炎のため都内の病院で亡くなった。享年42。13日に落語芸術協会(芸協)が発表した。今月5日の東京・上野広小路亭初席が最後の高座となった。演目は「表札」。

小蝠さんは1975(昭和50)年11月16日、群馬県高崎市生まれ。1994(平成6)年、五代目立川談志に入門、「志っ平」と名乗る。2001(平成13)年、十代目桂文治門下へ移籍、「桂前助」と改名。04(平成16)年、文治没後、柳家蝠丸門下へ移り、05(平成17)年2月に柳家小蝠を襲名し二ツ目昇進。2014(平成26)年5月に真打昇進。

先代文治師匠の演目や芸協に古くから伝わる新作落語「芸協噺」を好んで演じ、その芸歴に裏打ちされた語り口は親しみやすく、技巧派の演者だった。得意演目は「おしくら」「旅行日記」「親子酒」「蛙茶番」「木乃伊取り」「掛け取り」。

先輩から愛され、後輩からも慕われる存在で、「当協会において欠かすことのできない特別な若手演者でした。あまりにも若すぎる突然の訃報が悔やまれてなりません」(芸協)と、早すぎる死を悼んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由
クロちゃんの連日の”嘘ツイート”疑惑、ついに医師にまで疑われてしまう事態に
「私のほうがもっと岡村さんのこと大好きっ!!」 酒井若菜、岡村隆史めぐりファンと張り合う
高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?
KEIKOの現状を明かす小室哲哉に木村太郎「許せない」 安藤優子は「大人になれない男の子みたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加