iPhone Pro MaxとiPhone 11、開封してみたら思った以上にカッコよかった!

iPhone Pro MaxとiPhone 11、開封してみたら思った以上にカッコよかった!

  • @DIME
  • 更新日:2019/09/20
No image

新型iPhone 11シリーズが9月20日より発売される。

その直前に「iPhone 11 Pro Max」と「iPhone 11」を使う機会があったので、みなさんのために、先んじて箱から出して試してみることにした。

電源アダプタが大きくなったiPhone 11 Pro Maxの箱をオープン!

No image

iPhone 11ブラザーズの長男とでもいうべき、iPhone Pro Max。相変わらず堂々とした箱(パッケージ)は買った人の喜びになる。

早速蓋を開ける。

No image

ドーンとディスプレイが目に入ってくる。実際は保護フィルムが貼ってあるのだが、撮影の都合ペロペロ〜とはがしてしまう。

No image

本体をどけたところ。「Designed by Apple in California」の文字が目に入ってくる。このあたりの高級感を醸しだす演出にApple好きは弱い。

No image

取説などをどけると、同梱の付属品が露出する。「あれっ? 電源アダプタが大きい?」と思った方は鋭い。その辺は後述する。

No image

iPhone Pro Max用のイヤホン、ケーブル、電源アダプタ一式。筆者のかたよったApple愛で、電源アダプタの保護シートがすぐに外せないのはご愛敬。

No image

念のため取説関係もチェックする。

No image

ケースの中にはおなじみのAppleロゴのステッカーに、SIMスロットを取り外すためのピン、説明書×2が同梱される。

No image

説明書の表/裏。

No image

説明書の中面。以上。

実にあっさりしたものだが、詳細はホームページで確認せよ! という、Appleらしい素っ気ない態度が逆に、Apple好きの心に響く。「リテラシー高くないと使う資格がないってことでしょ?」と勝手に解釈してしまうのも、かたよったApple愛ゆえ。

iPhone 11の箱もオープン!

No image

一方のiPhone 11である。箱を開けると、これまたほとんどディスプレイしか目に入らない。本体とケースの隙間が狭いため、本体を取り出すのにやや苦労するが、高級感は味わえる。

No image

取説をどかしてアクセサリーをチェックする。

No image

いつものおなじみの3点セットという感じ。イヤホンとケーブルと電源アダプタだ。

No image

さらに取説の中身をチェックする。ほぼiPhone 11 Pro Maxと同様だが、このiPhone 11は(PRODUCT)REDカラーのため、「これを買うと『世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)』に直接寄付されます」という主旨の説明書も付属する。

iPhone Pro Maxは「18W USB-C電源アダプタ」を同梱

No image

さて、先ほどiPhone Pro Maxの電源アダプタが大きくなったと書いたが、それは、18W USB-C電源アダプタを同梱したからである。従来からiPhoneに同梱されていた電源アダプタに比べて、倍くらい大きい。

No image

当然、付属するケーブルもUSB-C-Lightningケーブルとなる(写真左)。iPhone 11の方はというと、Lightning-USBケーブルだ(写真右)。

「3つ目」が怖いなどと揶揄されたiPhone Pro Maxの実物はカッコいい!

No image

では、箱から取り出した新型iPhoneをチェックしてこう。確認したのはiPhone 11 Pro Maxだ。

「大きい、重い」などと言われてきたが、持ってみると思っていた以上にスリムに感じられた。しかも質感がよく、剛性感も高い。「できのいい商品を手にしているなぁ」という感想を、多くの人が持つのではないだろうか。

No image

画面向かって左側面はサウンドオン/オフスイッチと音量を上げる/下げるボタンが。

No image

画面向かって右側面はサイドボタンを設定する。

No image

下にはLightningコネクタと内蔵マイク、内蔵ステレオスピーカーの穴が並ぶ。

No image

背面にトリプルカメラ。実機は材料の質感が高く、思ってた以上にカッコいい。筆者はMac Book Proを使っているのだが、それを思わせる質感だ。Appleユーザーはそういう「共通意識」を重視する人が多いはず。その点、iPhone 11 Pro Maxは合格だ。

電源を入れて実際に動くまでもチェック!

No image

では、電源を入れていこう。このリンゴマークが点灯すると「iPhoneだなぁ〜」と、妙に安心する。

No image

言語を選ぶなどの初期設定をこなしていく。

No image

アップル製品の要となるApple IDも登録する。

No image

iOS13となり進化したのが、「外観モード」。ライトモードとダークモードを好みで切り換えられるようになったのだ。これはうれしい。

No image

ひと通りの設定が終わると、ホーム画面が表示される。

No image

念のため、ウィジェット画面と……

No image

コントロールセンターも確認。

No image

マルチタスクも従前のiPhone XSなどに準じたもの。操作に迷いはないはず。

ビジュアル重視のiPhoneユーザーのために、デフォルトの壁紙もチェック

No image

最後にiPhone 11 Pro Maxの壁紙もチェックしたい。デザイン性、ビジュアルを重視するAppleファンには、各モデル(iOS)がどういうビジュアルを意識しているのか、この壁紙で何となくわかると思う。

No image

デフォルトの壁紙は「ダイナミック」「静止画」「Live」が用意されている。

No image

「ダイナミック」は円のグラフィック。黒背景にカラフルな円が浮かび幻想的かつ、どこなく60年代や70年代を思わせるレトロイメージもある。

No image

「静止画」はカラフルなグラフィック。ポップな色使いに、70年代から90年代にかけて使用された、かつてのカラフルなAppleロゴを思った人がいるかもしれない。

No image

地球の写真なども「静止画」にデフォルトで用意されるのは従来に準ずる。

No image

「Live」は黒背景に雲のようなビジュアルが浮かぶ有機的なイメージだ。

色々言われているけれど、やっぱりApple好きはiPhoneが好き

さて、iPhone 11 Pro Maxを中心に最新iPhoneをチェックしてみた。カメラ機能などの詳細は別の機会に譲るが、モノとしてのクオリティの高さは、やはりiPhoneならではだった。

新型発表時から色々いわれてきたけれど、Apple好きがこのiPhone 11シリーズを手にしたなら、やはり惚れてしまうことは間違いないだろう。

実機販売と同時に各店頭にも実機が並ぶこととなる。ぜひご自身の目で試していただきたい。

取材・文/中馬幹弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なんと3万4800円から購入可能!低価格が魅力の「第7世代iPad」は「iPad Pro」にどこまで迫れたのか、実機で徹底検証
録音できる時間は?マイクの場所は?いざという時にサッと使いたいiPhoneのボイスメモ機能
iPhone SE2、A13チップ搭載で399ドルか
アップル史上最高値更新、この流れは今後も続くのか?
Apple製品のディスプレイの進化と未来への可能性 - 松村太郎のApple深読み・先読み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加