立ち往生の列車が動き出す 430人が車内で一夜...

立ち往生の列車が動き出す 430人が車内で一夜...

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

新潟県三条市のJR信越線で、大雪の影響で電車が11日夜から乗客を乗せたまま動けなくなり、半日以上が経った今も線路上で立ち往生していましたが、12日午前に移動を始めました。

(石田菜津子記者報告)
列車がやっと動き始め、ゆっくりと見附駅の方に向かっていきました。11日午後7時に新潟発長岡駅の4両編成の普通列車が雪のため停車していました。約15時間半にわたって停車。乗っていた約430人が車内で一夜を過ごしました。12日9時半ごろ、除雪が最終終了し、電車周りの雪を取り除きました。この後、乗客は次の駅でバスに乗り換えるか、終点の長岡駅まで引き続き開通を待つかという選択をすることになります。一様に乗客を外から見ると疲れが見えましたが、やっと再開ということで目的地に向かってほっとしていることと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】JR車内で女性が出産...病院に向かう途中
アートコーポレーション“違法残業”一日21h労働も
東京メトロ、職員3000人の英語・中国語向上へ...感動的な乗り換え案内
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加