羽生 約3年ぶりの150点台...自己ベストからマイナス67点「もどかしい」

羽生 約3年ぶりの150点台...自己ベストからマイナス67点「もどかしい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/25
No image

演技する羽生結弦

「フィギュアスケート・オータムクラシック」(23日、カナダ・モントリオール)

男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=はジャンプでミスが相次ぎ155・52点。総合268・24点でハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転を許した。フェルナンデスはフリー177・87点の279・07点だった。

冒頭の3回転ルッツは1回転に、演技後半に予定していた4回転トーループは立て続けに2回転となった。前日には出来栄えで3点満点の加点を受けた得意のトリプルアクセルでも転倒。14年NHK杯以来約3年ぶりの150点台にとどまり、フリーだけでは5位だった。

その14年のNHK杯以降は、170点すら切ることは一度もなく、自己ベストの223・20点には約67点も及ばない。「いろんなことを考えすぎてぐちゃぐちゃになった」と振り返った。

「悔しさっていう大きな収穫を手に入れることができた。もどかしい悔しさです」とかみしめるように話した羽生。「強い自分を追いかけながら、またさらに難しい構成で追い抜いてやろうと思っている」と次戦での雪辱を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2017レッドブルエアレース最終戦観戦記 (1) 好調スタートから一転、劇的な展開へ
樋口“新”葉舞う フリーは濃い青の新衣装「思いっきり滑りたい」
羽生4回転ルッツに挑む 「一番本気を出せるプログラムで」
宇野昌磨  スケートカナダはジャンプの難度落とし「演技で攻める」
羽生結弦が語ったグランプリシリーズ初戦で「4回転ルッツを跳ぶ理由」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加