南海線・高野線・泉北線、2016年大晦日に終夜運転 - フリーチケットも発売

南海線・高野線・泉北線、2016年大晦日に終夜運転 - フリーチケットも発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

南海電気鉄道・泉北高速鉄道は30日、大みそかの終夜運転と正月三が日の住吉大社駅への臨時停車について発表した。大みそか深夜の終列車後、南海線難波~羽倉崎間、高野線難波~河内長野間、泉北線中百舌鳥~和泉中央間で臨時列車が運転される。両社の路線が年末年始の2日間乗り放題となる「初詣フリーチケット 2017」も発売される。

No image

南海電鉄・泉北高速鉄道も大みそかの終夜運転を実施する

年末年始の12月30日から1月3日まで、南海電鉄・泉北高速鉄道の全線で土・休日ダイヤによる運転に。南海線では大みそかの終列車後、難波駅発着の普通が計31本(下り15本・上り16本)設定され、難波~住ノ江間15分間隔、住ノ江~羽倉崎間30分間隔での運転となる。高野線では大みそかの終列車後、難波~北野田間の各停4本(下り2本・上り2本)、難波~河内長野間の各停8本(下り4本・上り4本)、計12本を設定。北野田~河内長野間は深夜3~4時台の運転はないとのこと。

泉北線は中百舌鳥~和泉中央間の各停を計12本(下り6本・上り6本)設定し、下り列車は中百舌鳥駅にて高野線下り列車との接続を図る。泉北線の上り列車は深夜0~4時台にかけて毎時40分に和泉中央駅を発車するダイヤとなる。

正月三が日の南海線住吉大社駅への臨時停車は空港急行・区間急行を対象に実施(特急列車は臨時停車せず通過)。1月1~3日の3日間、難波駅9時53分発から同駅17時7分発までの下り空港急行・区間急行、和歌山市駅9時3分発・9時32分発の上り区間急行、関西空港駅9時44分発から同駅16時39分発までの上り空港急行が住吉大社駅に臨時停車する。

「初詣フリーチケット 2017」は12月15~30日に発売され、南海電鉄・泉北高速鉄道の各駅(係員無配置駅などの一部の駅を除く)の他に南海電鉄サイトからの申込みや郵送での購入も可能となっている。発売額は大人2,300円・小児1,150円。2016年12月31日から2017年1月9日までの好きな2日間、南海電鉄・泉北高速鉄道の全線が乗り放題となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊洲地下空間の水銀は水から気化か 専門家会議で空気測定
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
疾病運転防止法が成立---医学的知見に基づく措置を義務付け
札幌 29年ぶり大雪、積雪65センチ
非公開の東京メトロ「10番目の路線」へ 「シークレットツアー」に潜入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加