ドーピング騒動のショートトラック男子 坂爪、吉永が準々決勝進出

ドーピング騒動のショートトラック男子 坂爪、吉永が準々決勝進出

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

男子1000メートル予選 滑走する坂爪亮介(中央)=江陵(共同)

「平昌五輪・ショートトラック男子1000メートル・予選」(13日、江陵アイスアリーナ)

各組4人で争われる予選が行われ、坂爪亮介(27)=タカショー=が救済措置、吉永一貴(18)=名古屋経大市邨高=は2組2位で準々決勝進出を決めた。渡辺啓太(25)=阪南大職=は3組3位で敗退した。

1組の坂爪は残り6周目で転倒してタイムなしだったが、転倒原因をつくった選手が失格となったため救済措置で準決勝に進出することとなった。吉永は1分24秒030でしっかり2位をキープした。

ショートトラック男子代表はこの日、斎藤慧(21)=神奈川大=がスポーツ仲裁裁判所(CAS)によるドーピング検査で禁止薬物アセタゾラミドの陽性反応を示したことが判明。今大会のドーピング違反の第1号となった。

斎藤は日本選手団を通じてコメントを出し、「身に覚えのないことで不可解」とドーピングについて否定。潔白を証明するため戦う意思を示している。しかし「今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームの皆に迷惑をかける」として暫定的な資格停止を受け入れ、チームを離脱した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欧州最高の若手有望株は誰? 神童ムバッペが3位、首位争うのは2人の守護神
バルサ守護神、現チームは「本当に、本当に強い」。ネイマール退団も新戦力が台頭
カナダとドイツが同タイムで金メダル、ボブスレー男子2人乗り
清水宏保氏、美帆は本気じゃない?「安全運転で滑っている」/スピード
平昌五輪スキー選手の父親 スイスから1年かけて自転車で応援に駆けつける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加