最新ランキングをチェックしよう
在宅死のカリスマがあえて問う「今までマスコミは美談ばかり伝えてきた」

在宅死のカリスマがあえて問う「今までマスコミは美談ばかり伝えてきた」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2018/03/15

「最期は住み慣れたわが家で死にたい」。病院ではなく、家なら穏やかな最期を迎えられる──そんな在宅医療「礼賛」の記事や番組がたくさんつくられてきました。しかし、現実は必ずしも理想通りではないことを痛烈に指摘した本『痛い在宅医』(ブックマン社)が刊行されました。その著者が、「在宅死」を推奨してきたカリスマ医師、長尾和宏さんであったことも驚くべきことでした。
美談ではない、在宅医療の「現実」
 兵庫県尼

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
男が風俗に走ってしまう理由ランキング!ワースト5
新潟少女殺害事件 専門家が指摘する“容疑者家族への違和感”
新宿駅で女性狙い「タックル」する男の動画拡散 「私も同じことされた」と証言も
カップ麺の液体スープなぜ「後入れ」? 先に入れて実験したら...「なるほど!」
「会いたかったよ♪」一年ぶりの再会を不思議な方法で喜ぶ柴犬さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加