明大中野八王子vs青山学院

明大中野八王子vs青山学院

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/09/25

明大中野八王子、14得点の猛打で青山学院に6回コールド勝ち!

No image

4番小山(明大中野八王子)

明大中野八王子が初回から打線が爆発した。1番武井 隆之介の中前安打、盗塁で二塁のチャンス。2番熱田 泰祐の犠打で一死三塁から3番杉山祐樹の右中間を破る適時三塁打でまず1点を先制。4番小山 瞬の中犠飛で2対0。さらに5番島村 遼太の二塁打、6番近藤慶一がライトへ三塁打を打ち、この回、3点を先制する。明大中野八王子の椙原監督は、「なんとしても先制点が欲しかった試合でしたので、うまく先制できたのはよかったと思います」と振り返る。さらに2回表にも3番杉山の左前適時打、4番小山の連続適時打で5対0と試合の主導権を握る。

2回裏、青山学院が反撃開始し、タイムリーとスクイズで2点を返される嫌な展開となったが、5番島村の二塁打で、3イニング連続で得点圏に走者を進めると、6番近藤が高めのストレートをとらえて、レフトフェンスを越える2ランで大きな追加点。近藤は「打ったのはストレート。自分の持ち味であるフルスイングが実現できました」と笑顔を見せた。近藤はチームトップとなる高校通算6本塁打目となった。

4回表には4番小山の適時二塁打で1点を追加。5回表には、8番入船 弘嗣の適時二塁打、1番武井の適時打、2番の適時打で11対2とした明大中野八王子。さらに6回表には、近藤の適時二塁打や、さらに8番入船のスクイズで1点を追加し、そして2番熱田にも適時打が飛び出し、13対2とソツのない攻撃で大量点を奪った。この打撃について、椙原監督は「出来過ぎな結果だと思います。打撃のチームではなく、今日は1番武井が打てたことで、勢いに乗りましたし、大事な先制点を挙げることができたのはよかったです。ただ、今年のチーム力からすれば、出来過ぎな内容ですので、勘違いすることなく、チーム一丸となって戦うスタイルはこれからも貫きたい」
指揮官の言葉に、主砲・小山も同意する。
「今年のチームは去年の先輩たちとくらべると打てるチームではないのです。それでもしっかりと追いつけるように、練習を大事にして、自分はフルスイングを貫いて、打てるようになりたいですし、また都大会になれば、投手のレベルももっと上がると思うのでしっかりと準備をしていきたい」と意気込んだ。

「今年のチームはまだ明確な売りといえるものがありません。それは今も探している最中です」と椙原監督が述べるように、明大中野八王子が甲子園に狙えるチームになるためには、やはり一つ一つの積み重ねから強いチームになっていくしか方法がない。都大会までさらに積み上げ、頂点を狙えるチームになるのか、注目である。

(文=河嶋 宗一

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
打たれても勝てます。楽天ベンチがCSで実践する巧妙な「内川対策」
山﨑武司のドラフト注目打者10人。思わず「育てたい」と言ったのは?
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
田中英 争奪戦!戦力外でも京大卒はスゴい ロッテ球団、ロッテ本社に阪神球団まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加