国学院久我山 抽選で逃した悔しさ晴らす 土屋監督「伸びしろに期待 上の方で勝負できるチームを」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

第97回全国高校ラグビー大会(12月27日から東大阪市花園ラグビー場)東京都予選は12日、江戸川区陸上競技場で決勝2試合が行われ、第1地区は目黒学院が早稲田実業に38―7(前半19―7)で快勝して4大会ぶり18度目、第2地区は国学院久我山が東京を29―5(前半19―0)と破って2大会ぶり41度目となる全国大会出場を決めた。

国学院久我山は厳しいディフェンスが光り、昨年の決勝で明大中野と19―19で引き分けながら抽選で花園出場を逃した悔しさを晴らした。自陣に攻め込まれても粘り強い守りで東京のミスを誘い、カウンターで一気に仕留めるなど計5トライをマーク。今季就任した土屋謙太郎監督は「体を張れる子が試合に出られるんだと、1対1のコンタクトは竹内先生(伸光部長、前監督)の時から意識してきた」と説明した。改修のため7月から練習グラウンドが使えず、平日は体づくりや校内の「バスケットコートより狭い場所」(NO8大石康太主将=3年=)で1対1の練習に取り組んだのが、「成長につながったのかな」と土屋監督は話した。

土屋監督は初めて指揮を執る花園へ向けて「正直、今日のレベルでは西(日本)のトップとの勝負はまだまだと思う」と言いながらも「伸びしろに期待している。上の方で勝負できるチームをつくっていきたい」と都大会準決勝(11月5日)後に全面使用可となった新グラウンドでの成長を誓った。大石主将も「グラウンドが使えない間はモチベーションを上げづらかった。今後はチームとしてもっと質の高いプレーができるようにしたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「今日のパンツは...」合コン肉食女子の凄すぎる自己紹介!4つ
女子が語る「浮気する女」の特徴5つ あの子はね、やるよ...!
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
座間9人遺体、男が詳しく供述「クーラーボックスに座らせ・・・」
二階堂ふみ 「ぐるナイゴチ」涙の卒業...「お芝居の方に集中」、メンバーびっくり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加