猛毒ヘビの「ハブ」がモチーフ! 鹿児島・奄美で強烈インパクトのタイツが誕生したワケ

猛毒ヘビの「ハブ」がモチーフ! 鹿児島・奄美で強烈インパクトのタイツが誕生したワケ

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/05/07

ウェブやグラフィックのデザイン、地場産品をモチーフにした商品開発を手がける
ハブ革骨加工品専門店「
ヘビの鱗(ウロコ)模様は見る人をギョッとさせる。ところが昨年から、似たようなデザインの「PYTHON(パイソン)柄」がトレンドとなっている。アニマル柄としては控えめながら、高級感をイメージさせる点がその理由だ。ちなみにパイソンとは英語で「ニシキヘビ」という意味。
ハブロックの素材はポリエステルが91

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加