【ブンデス日本人の現地評】大迫、浅野は最低点...“厳しい週末”で好評を得たのは緊急出場の香川

【ブンデス日本人の現地評】大迫、浅野は最低点...“厳しい週末”で好評を得たのは緊急出場の香川

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

ヨイッチのスルーパスを受けてGKと1対1となるも、決められなかった大迫。終了間際に退場となり、次節は出場停止となった。シュテーガー監督(右)も後日、解任されてしまった……。 (C) Getty Images

No image

ヤルモレンコの同点ゴールの場面では、攻撃の“スイッチ”を入れた香川。ここにきて再び怪我人が増加しているドルトムントにおいて、緊急出場で好印象を与えた彼の出場機会は増えそうだ。 (C) Getty Images

ブンデスリーガ第14節は、日本人選手たちにとって厳しい週末となった。

そのなかで意地を見せたのが、ドルトムントの香川真司だ。レバークーゼンとのアウェーゲームでベンチスタートとなり、リーグ戦2試合連続の先発落ちとなったが、前半終了間際の44分に負傷したカストロに代わって急遽出場することになった。

数的優位を得たにもかかわらず、ドルトムントは1-1の引き分けに終わったが、香川はチームに勢いをもたらしたとして、高評価を受けている。

『ビルト』紙、『キッカー』誌の採点は、ともに3点。及第点ではあるものの、『ビルト』ではGKビュルキと並んでチーム最高タイの評価。『キッカー』でも1.5点のGKビュルキに次ぐ、高い評価となった。

地元紙『ルールナハリヒテン』は3.5点を付け、こちらも1.5点のビュルキに次ぐ評価。「カストロに代わって試合に入ったが、数的有利の状況により、攻撃的なポジションでプレーした。何はともあれチームに勢いをもたらし、同点ゴールを導き出した」と、その働きを評価した。

地元紙『WAZ』も1.5点のビュルキに次ぐ、3点という採点。「相手が数的不利の状況でピッチに入り、その優位な状況の恩恵を受けた。素晴らしいドリブルと繊細なパスで勢いをもたらしたのは明白だった」と綴っている。

フランクフルトの長谷部誠は、ヘルタ・ベルリン戦で2ボランチの一角として3試合ぶりに先発し、フル出場を果たした。

チームが敵地で2-1と勝利を飾ったこともあり、「落着きをもたらすポールだった。彼のボールを失わない力が、フランクフルトの弱点である中盤の組み立てを助けた。加えてこの日本人は、守備で1対1の強さも見せた」と記した『ビルト』は3点、『キッカー』は3.5点を付けた。

地元紙『フランクフルター・ノイエプレッセ』は「先発復帰を果たしたが、最終ラインではなく、シュテンデラの代役としてのボランチだった。好調時のような出来ではなかったものの、チームに落着きをもたらした」と記している。 スコアレスドローに終わったハンブルクとフライブルクの下位対決では、酒井高徳がボランチとして先発フル出場した。

『ビルト』、『キッカー』ともに採点は4点。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』も4点を付け、「彼のパフォーマンスには、わずかな光と多くの影があった。不必要なボールロストで、危ない場面を招いてしまった」と追及した。

一方で地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』は、「ハベラーの決定機のシーンのように、幾つかのミスを犯した。しかし、キャプテンは切り替えて懸命に戦った」と記している。

ケルンの大迫勇也はシャルケ戦で先発出場を果たすも、終了間際にシミュレーションを取られ、2枚目の警告で退場。チームも1-2で敗れた。

『ビルト』は4点、『キッカー』は4.5点で、ともにチーム最低タイの採点。地元紙『エクスプレス』もチーム最低タイの5点を付け、「思いがけないかたちで先制点のチャンスが訪れたが、それを活かすことができなかった」と厳しかった。

シュツットガルトの浅野拓磨はCFとして先発し、57分に途中交代。チームは17位のブレーメンに0-1で敗れている。

『ビルト』、『キッカー』ともに、チーム最低タイの4点という評価。地元紙『シュツットガルター・ツァイトゥング』は単独最低点の5点を付け、以下のように厳しく綴っている。

「60分過ぎに、相手GKの前でフリーになっていたが、そのチャンスを逃した。“ジャガー”は前節ハノーファー戦でリーガ初ゴールをマークしたが、この日はゴールゲッターではなかった。中央を封じられてスペースがなかったため、強みであるスピードを発揮することができなかった」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田圭佑が絶大な存在感! 地元紙も称賛「リズム変化した。最高のアプローチ」
本田が主役! CWC準決勝南米王者グレミオ戦でパチューカが互角展開で、死闘は延長戦に
【報ステ】パンダのシャンシャン、公開まで1週間
W杯・日本戦への影響は? 差別的行動のコロンビア代表MFにFIFAが5試合出場停止の厳罰!
【ブンデス日本人の現地評】寂しい15節...唯一先発の香川はアシストより逸機に注目集まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加