患者の健康には興味なし! ヤブ医者たちのドン引き行動3選

患者の健康には興味なし! ヤブ医者たちのドン引き行動3選

  • しらべぇ
  • 更新日:2017/11/13
No image

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

命を預ける医者には、自身の健康状態について真剣に対応してほしいものだ。だが中には、面倒くさがっていい加減な対応をしたり、適当な治療でごまかしたりする医者もいるのだとか…。

(1)ろくに見もしないで薬だけ出して終了

「背中に湿疹ができて病院に行ったんですが、その箇所も見もせずに話だけ聞いて『それはじんましんですね。ストレスからできたんでしょう』と診断。

1分も掛からずに診察は終了されて、薬だけ処方されたんですが治らず、後日違う病院に行ったら帯状疱疹でかなり悪化しており、入院するはめに…」(男性・32歳)

(2)治ればいいと強い薬を処方してくる

「私は医療系の仕事をしていたので、薬の知識があるのですが、地元で名医なんて言われている医者は、病状に相応しくないような強い薬ばかりを処方してきます。

ステロイド剤でも抗生物質でも強ければ効きますが、体にとっては害に。患者の健康を考えず、強い薬ばかり出して『ほら治った。僕は名医でしょ』なんて許せない」(女性・38歳)

(3)治らなくても診断を曲げない

「1ヶ月近く、吐き気と腹痛に悩まされていて何度も病院に行っていましたが、『最近流行っているノロウイルスですね。長引いているんですよ』と診断されるだけ…。

違う病院に行って診てもらったら、胃の病気と診断されて治療が受けれることに。『1ヶ月もノロになんかなるわけないじゃんね…』と、そのお医者さんも呆れていました」(女性・28歳)

▪️ひとりの医者の診断を信じる人がほとんど?

しらべぇ編集部が、全国の20代〜60代の病院に行ったことがある人1,248名に、セカンド・オピニオンの経験について調査をしたところ、「受診経験がある」と答えたのは2割未満に。

No image

(©ニュースサイトしらべぇ)

なにもわからない患者の立場からすると、医者の言うことはすべて正しいように思ってしまうが、中にはいい加減な医者も少なからずいるようだ。

いつまで経っても病気が治らない…などという時には、自分の体を守るためにも違う病院に足を運んでみたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→「患者の悩みをスルー」医師の対応を不快に思った人が多数

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の病院に行ったことがある男女1,248名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
NYの2000円ラーメンを笑う日本人に教えてあげたい「景気の話」
【謎】男性が腹痛で病院! CTを撮ったら腸にウナギがいた / 医師「肛門から入り、腸に達したもの」→ 男はウナギ侵入の理由について沈黙を守る
山田優ヤバイ!衝撃的な「激ヤセ」写真公開でファン「気持ち悪い」と酷評。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加