DeNAラミレス監督、ワースト7失点の先発石田に苦言「失点多すぎる」

DeNAラミレス監督、ワースト7失点の先発石田に苦言「失点多すぎる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

5回、降板する石田(左)=横浜スタジアム

「DeNA1-8阪神」(11日、横浜スタジアム)

DeNAは投打で精彩を欠き、阪神に敗れた。先発したエースの石田は五回途中で降板し10安打と7失点はいずれもプロワースト。左腕について、ラミレス監督は「初回は良かったと思いますが、それ以外はコントールに苦しんでいた。7失点は多過ぎる」と苦言を呈した。

打線も岩田に7回を1得点に抑え込まれるなど虎投手陣に苦しめられた。「(岩田に)非常にいいピッチングをされたと思います。特に4対0になってからは楽になったのか、大胆になったと思います」と厳しい表情を浮かべた。

重要な2位・阪神との直接対決で完敗した。だが当然、下を向くわけにはいかない。一戦必勝の心構えで臨むだけだ。指揮官は「またここに戻ってきて、勝ちにいきたいと思います」と12日・阪神戦の必勝を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
巨人・山口が書類送検 被害者とは示談成立と球団発表
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
西武菊池に球審が2段モーション指摘 辻監督は不満
“天理のバレンティン”神野は不発「変化球でうまく攻められた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加