かざすだけで壁の内部がわかる「Walabot DIY」はX線ビジョンを搭載!

かざすだけで壁の内部がわかる「Walabot DIY」はX線ビジョンを搭載!

  • Techable
  • 更新日:2017/06/19
No image

今や世界的なブームとなったDIY。ちょっとした模様替えから本格的な改装まで、その定義は幅広い。今回ご紹介するツールは、どちらかというと上級者向け。自作改築派のためのデバイス「Walabot DIY」だ。

本品は、壁を透視するためのX線ビジョンを提供するデバイス。スマートフォンに取り付けるだけで、壁の内部を見ることができるDIY愛好家必見のプロダクトだ。

・スマホに取り付けるだけで壁の内部がわかる!

No image

イスラエルの3Dイメージング企業Vayyar によって開発された「Walabot DIY」。Androidスマートフォン(iOS用のバージョンは現在開発中)に付けると、電波などを駆使して壁面内部を可視化する。ワイヤーやコンジット、スタッドから、ネズミのような生き物まで、簡単に発見することができるという。

ホームセンターや工具店で販売している従来のスタッドファインダーは、壁の裏側にあるものに対して、ビープ音を鳴らすだけだが、このデバイスは実際に壁の裏側を特定し、その形状に近いイメージを表示する。例えば、検出した場所にワイヤーが組み込まれていれば、スマホ画面には長細い棒状の画像が映し出される、といった具合だ。

・シロアリの探知にも活用可能

No image

こうした的確な情報を事前に得ることで、失敗のないDIYを実現するのが、この製品の狙い。ケーブルや電気配線用のコンジットを、誤って切断する心配もない。安心して壁にドリルを向けることができる、というわけだ。

物体検出可能範囲は、最大深度で4インチ(10.16センチメートル)。コンクリートとシートロック、双方に作用する。DIYに留まらず、シロアリの探知にも、大いに役立つのだとか。

現在、期間限定キャンペーンを実施中。定価299ドル(約3万3000円)のところ、199ドル(約2万2000円)で購入できるが、残念ながら対象国はアメリカ、EU諸国、イギリス、カナダのみ。日本での対応は未定だ。

Walabot DIY

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
タムロンが世界初の18-400mmをカバーする超望遠高倍率ズームレンズを発売
「教えてくれ!Z」日産自動車から“悪魔の充電池”登場
【人とくるまのテクノロジー2017名古屋】ノイズ研究所、EMC試験規格概要を無料で配布予定
Amazon Dash Buttonを応用したIoTカスタマイズボタン「goButton」が話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加