最新ランキングをチェックしよう
新型肺炎に「ゼロリスク」を求めてはいけない

新型肺炎に「ゼロリスク」を求めてはいけない

  • アゴラ
  • 更新日:2020/02/20

世の中では新型肺炎(COVID-19)を理由にしたイベントのキャンセルが相次いでいるが、国の専門家会議は現状は「国内発生の早期の段階」で、「まだ流行期ではない」という。この判断がわかりにくいと批判されているが、新型肺炎は流行しているのだろうか。
インフルエンザの「流行」には定義がある。全国約5000の病院で定点観測し、1週間に平均1人以上の新患者が一つの病院で報告されると流行である。今シーズンのイ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
習近平は失脚も? 中国でコロナ後に待つ共産党「大粛清」のゆくえ
中国製マスク、品質が劣悪で世界中で回収相次ぐ...1日1億枚生産、供給量重視のツケ
「アメリカ人には渡さない!」在米中国人が現地でマスクを買い占めして大炎上
コロナの「新有事」に直面する14億人・中国人たちのヤバすぎる現実
「移住先は間違いなく日本」そのわけは=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加