大勝の国王杯で2G1Aのメッシ、“10年ぶりの珍事”に現地紙も驚き?

大勝の国王杯で2G1Aのメッシ、“10年ぶりの珍事”に現地紙も驚き?

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/12
No image

バルセロナFWリオネル・メッシは11日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦の第2戦で、10年ぶりの“珍事”を迎えたようだ。スペインメディア『マルカ』が伝えている。

メッシはセルタとの一戦で、前半のうちに2ゴール1アシストを記録。エースの活躍が光って、5-0で勝利したバルセロナは準々決勝進出を決めた。

この試合でメッシは後半14分、MFウスマン・デンベレと交代した。メッシが前回、後半15分よりも前に交代したのは、病気や怪我を除けば、2007年9月29日のレバンテ戦にまで遡る。実に302試合ぶりのこととなった。

その時、バルセロナは4-0でリードしており、当時のフランク・ライカールト監督はメッシをFWジオバニ・ドス・サントスと交代させていた。

●コパ・デル・レイ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最も影響力のあるランジェリーモデル
移籍間近?...モウリーニョがサンチェス獲得に言及「今回は特別な状況」
バルサ初黒星 メッシPK失敗
負けて審判のせいにばかりする中国サッカーU−23代表に、人民日報がついにキレた!
在籍年数が12年を超えるのは欧州5大リーグで19人だけ。同一クラブで最も長くプレーしている現役選手は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加