ロングパットを次々と沈め上位発進  三ヶ島かなのパット好調のキーマンは「神様」?

ロングパットを次々と沈め上位発進 三ヶ島かなのパット好調のキーマンは「神様」?

  • ゴルフ情報ALBA.net
  • 更新日:2018/10/12
No image

左肩の動きが大事です|撮影:鈴木祥

<富士通レディース 初日◇12日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

この日のラウンドで、5つのバーディを奪い、3アンダー・6位タイ発進を決めた三ヶ島かな。約1年パットに悩みを抱えながら、この日は5番の6mを皮切りに、8番で8mと、前半から長距離のパットが次々とカップに吸い込まれる好調ぶり。さらに12番と14番では15mのバーディパットを沈めるなど、快調にスコアを伸ばしていった。

【関連写真】私服で会場入りをする三ヶ島かなを激写!

この好調ぶりには本人も「これが入るんだ」と驚いた様子。そして、その裏には三ヶ島が「パットの神様」と呼んでいる人物の存在があった。その人とは、地元・福岡でジュニア時代からともにゴルフを続け、学生の頃には同じゴルフ場でアルバイトをしていたという先輩。プロではなく、いわゆるアマチュアゴルファーなのだが、その先輩から受けたアドバイスが的を射たのだという。

「アドレス時に向いている方向も正しいのか分からないし、しっかりミートしていないからか毎回音も違う」とグリーン上での苦戦を語る三ヶ島。今季の1ラウンド当たりの平均パット数が「30.4366回」で73位となれば、悩んでも仕方のない話だ。そこで助けを求めたのが、「昔からパットが上手かった」と話す、前述の“神様”だった。

現在の三ヶ島のパットを、過去の映像などと見比べた先輩から指摘されたのが、「いい時と比べて左肩が動いていない」というもの。この“神からのお告げ”を意識することで、モヤモヤしていた心に晴れ間が差してきたという。

また「ジョーダン・スピースの動画を見て」というアドバイスももらい、それを実践。世界屈指のパット技術を持つ米国人の映像で、指摘された左肩の動きなどをチェックしイメージを作り上げ、まさに“神がかり”ともいえるパットを次々と沈めていった。

「明日からもリズムよくプレーしたい」と2日目以降を見据える三ヶ島。そのパットで、何度もギャラリーを盛り上げる。(文・間宮輝憲)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加