萩野公介、涙の世界選手権から逆襲へ気持ち切り替え

萩野公介、涙の世界選手権から逆襲へ気持ち切り替え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

ユニバーシアード競泳日本代表の萩野(右)は平井監督からアドバイスを受ける(撮影・山崎安昭)

競泳のユニバーシアード大会(19日開幕、台北)代表は11日、都内で練習を公開した。

エース萩野公介(22=ブリヂストン)は個人メドレー、背泳ぎなど、国内外を含め、自身最多8種目に出場する。日本選手団の主将を務めることもあり「最終日までしっかり泳ぎきりたい」と、自ら結果を出して日本チームを引っ張る決意は強い。

先月の世界選手権では200メートル個人メドレーは銀も、昨年リオ五輪金メダルの400メートル個人メドレーでは6位に終わった。大会途中から不振で、涙を流す場面もあった。「悔しい経験ができたのはいいこと。これから何をするかが大事」と気持ちはすでに切り替わっている。3年後の東京五輪金メダルへの逆襲が、ユニバから始まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ド派手ビキニで魅せる至高のヒップ!人気Gカップグラドル・森咲智美の“お尻シリーズ”に悶絶
海老蔵ファミリーとハワイ滞在中の小林麻耶の写真が麻央さんに激似と話題!
テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第4弾で歴史的発見!ロンブー淳興奮「血が騒いだ」
【勢いがスゴイ】子猫の名前を呼んでみた→ ソファの下から『予想外の登場』を...(゚д゚)! 10秒
クッキングペーパー1枚だけ! ズボラ男子のためのかんたんすぎる晩酌レシピ【料理ハック】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加