JAL、国内線特典航空券のルール変更 片道利用は往復の半額、離島予約もマイル減額廃止

JAL、国内線特典航空券のルール変更 片道利用は往復の半額、離島予約もマイル減額廃止

  • Traicy
  • 更新日:2016/10/18
No image

日本航空(JAL)は2017年4月1日より、JALグループ国内線特典航空券のルールを一部変更する。

片道あたりの必要マイル数が往復の半分となり、片道あたり6,000マイルから10,000マイルとなる。従来と比べて最大で2,000マイル少なくなる。一方で、JALと日本トランスオーシャン航空(JAL)の北海道、本州、四国、九州と沖縄を結ぶ2区間と同時に、JTAと琉球エアーコミューター(RAC)の離島路線を予約する場合、離島区間の任意の2区間が5,000マイルの追加で利用できる特典は廃止される。これにより、東京/羽田〜沖縄/那覇〜石垣線は従来は往復20,000マイルであったところ、27,000マイルの大幅に必要マイル数が増えることになる。

また、クラスJ特典航空券では、変更希望便のクラスJが満席の場合、従来はクラスJ分のマイルの払い戻しは行わなかったものの、4月1日変更分より払い戻しを行う。

新規予約と予約変更の締め切り時間も変更し、従来は各地区の営業終了時間が締め切りだったものの、全て日本時間に統一する。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加