ヴェンゲル、“怪人”ウェア氏の大統領選勝利の未確定情報に言及「祝福したいと思う」

ヴェンゲル、“怪人”ウェア氏の大統領選勝利の未確定情報に言及「祝福したいと思う」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/13
No image

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督【写真:Getty Images】

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、リベリア共和国の大統領選挙で元サッカー選手のジョージ・ウェア氏が勝利したという未確定情報に言及した。12日に英メディア『BBC』が報じている。

ウェア氏は現役時代、ミランやチェルシー、マンチェスター・シティなどでプレー。1995年にはFIFA最優秀選手賞に輝き、アフリカ人初のバロンドールも受賞していた。驚異的なスピードを武器に活躍し、「怪人」の異名でも知られている。

リベリアでは、ノーベル平和賞を受賞したサーリーフ大統領の後継を選ぶ大統領選挙が行われており、ボアカイ副大統領と議員であるウェア氏が争っていた。アフリカのメディア『ナショナル・アコード』は、投票の結果、ウェア氏が勝利したという一報を流していたが公式発表は現在のところまだだ。

同メディアはタイトルに「ヴェンゲル、ウェア氏のリベリア大統領選勝利を誤って祝う」とつけ、ヴェンゲル監督が「リベリア共和国の大統領になった元サッカー選手のウェア氏を祝福したいと思う」とコメントしたことを伝えた。ヴェンゲル監督がモナコを率いていた1988年から1992年まで、同クラブでウェア氏がプレーしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フジの村田戦CM批判を諭す声多数「ラウンド間CMは当たり前」...中継に感謝も
トッテナムがケイン2発などリバプールを4発撃破!4連勝で2位マンUと勝ち点並ぶ
ボヌッチが肘打ちで一発レッド...数的不利のミランはドローでリーグ戦4試合勝ちなし
先発発表 レアル戦で乾先発
川崎F谷口は「顔もプレーも弱点なし」と同僚も白旗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加