東京V新監督のなりすましツイッターを確認 クラブは注意呼びかけ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

J2東京Vは29日、来季から監督を務めるミゲルアンヘル・ロティーナ氏(59)の成り済ましツイッターアカウントがあることを確認したと発表した。公式ホームページで注意喚起を行っている。

東京Vによると、ロティーナ監督はTwitterやFacebookなどSNSのアカウントを保有していないといい、現在あるアカウントはなりすましであるものだという。アカウントの動向を現時点では注視しているところだといい、「場合によっては、現地のマネジメント事務所と連携し、しかるべく対処する」としている。

続けて「同アカウントをご覧になった皆様におかれましても、ロティーナ監督本人と同アカウントの投稿は無関係ですので、ご承知いただけますようお願いいたします」と呼びかけている。

ロティーナ氏はスペインのセルタ、エスパニョール、デポルティボなどで監督を歴任。25日に冨樫剛一監督の後任として来シーズンの指揮を執ることが発表されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水谷隼「Tリーグ」へ提言「中国選手を呼ばないと」
迫る内田の復帰...シャルケ監督がELメンバー入り示唆「同行できれば嬉しい」
石川がイタリアへ出発「変わったといわれるようになりたい」/バレー
ユーベ、好調アタランタの19歳獲得に移籍金30億円提示へ
中国2部、セードルフ監督解任でエリクソン新監督招聘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加