村田製作所、ヤフー子会社の米データセンタにOCP対応パワーシェルフを導入

村田製作所、ヤフー子会社の米データセンタにOCP対応パワーシェルフを導入

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13
No image

村田製作所は、ヤフー100%子会社の米国法人であるActapioが運営する米国のデータセンタに、OCP(Open Compute Project)対応のパワーシェルフ(データセンタ向けのAC-DCコンバータ)を導入したことを発表した。

ヤフーでは2015年以降、Actapioが運用するワシントン州のデータセンタにおいて、保有地域の安価な電気代を活かしたサーバー運用費の削減を図っており、同データセンタのビッグデータ基盤にOCPを採用し、運用効率の向上を実現してきた。今回、さらなる効率化を追求した取り組みの一環として、村田製作所のパワーシェルフの導入に至ったという。

同パワーシェルフは、データセンタに設置されるサーバーラックに実装して使用する集中電源製品で、同社製品はリチウムイオンバッテリおよびATS(Automatic Transfer Switch)の搭載が可能であり、EIA19インチラック/OCPオープンラックどちらにも対応できる仕様となっている。

なお、同社では今後、伊藤忠テクノソリューションズの米国法人であるITOCH Techno-solutions America(CTC America)の協力のもと、同製品の導入を実現していくとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コペックジャパン、iPhone用レンズクリップ「bitplay CLIP」を発売
世界最強の碁プログラム・AlphaGoの新バージョン「AlphaGo Zero」はもう自力で強くなれるレベルに到達
UQ、秋冬モデルと新サービスを発表 - スマホは2機種、モバイルルーターを1機種
富士通スマホはRAM増量、WiMAXルーターにはついに全部入りが。UQの新モデルを実機で見る
Microsoft Officeに最適化された「モリサワ」の「BIZ UDフォント」が無料で公開されたので使ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加