最新ランキングをチェックしよう
再審事件「自らの正義」疑わない検察、求められる裁判所の「踏み込んだ訴訟指揮」

再審事件「自らの正義」疑わない検察、求められる裁判所の「踏み込んだ訴訟指揮」

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2018/04/17

左から水野弁護士、戸舘弁護士、郷原弁護士無実の罪を晴らす「再審制度」には多くの問題が指摘されている。裁判所に提出されなかった無罪方向の証拠が開示されなかったり、裁判所が裁判のやり直しを認めても、検察が不服申し立てを繰り返し、再審が始まらなかったり。
【おすすめ記事:「マイナスドライバー」の所持で自衛官逮捕…プラスならOK、何がダメなの?】
4月7日、日弁連が主催したシンポジウム(法制化へ向けて 再

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に
大阪・ミナミのホテルで異臭騒ぎ 中国人宿泊客2人が搬送
高崎山職員サル代役 無料の日“スト”で午前現れず
ILC日本誘致どうなる 九州関連施設の可能性 政府判断 年内にも 本体は東北 膨大な費用慎重論も
舞鶴市議選は定数26に34人立候補、18日投票
  • このエントリーをはてなブックマークに追加