ディスククリーンアップが不要に? Windows 10ストレージセンサーに新機能

ディスククリーンアップが不要に? Windows 10ストレージセンサーに新機能

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/09/14
No image

Windowsでは、ディスクの空き容量が逼迫してくると、ディスククリーンアップを起動して削除可能なファイルを取り除きディスクの空き容量を増やすことがある。しかし、2018年秋のWindows 10アップデート以降、その必要性は現在よりも低いものになるかもしれない。

Microsoftは9月11日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17758 - Windows Experience Blog - Windows Experience Blog」において、Windows 10のストレージセンサーに新機能を追加していると説明した。新機能とは、使われていない古いファイルを自動的にオンラインへアップロードし、ローカルから削除することでディスクの空き容量を増やすというもの。

ストレージセンターの新機能の説明は「Windows 10 and Storage Sense | Storage at Microsoft」にまとまっている。ストレージセンサーの新機能を有効にすると、ディスク空き容量が減ってきたら自動的に古い使われていないファイルをOneDriveにアップロードし、ローカルからは削除することでディスク容量を確保するとしている。

この機能はディスク空き容量が逼迫してきた場合に有効になり、空き容量がある場合はOneDriveへのアップロードは実施されないとしている。基本的には、可能な限りローカルにデータを保持しようとするが、空き容量が減ってきた場合はこの機能によって自動的に十分な空き容量の確保を狙うとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Googleの機械学習のレッスンが無料で受けれて資格が貰える余暇。
PHPにシステム乗っ取りの脆弱性
新型アップルウォッチで危機に瀕する「時計メーカー」たち
ノッチすらない真のベゼルレスのためにカメラユニットが飛び出す変態スマホ「OPPO Find X」レビュー、スマホ技術の最先端を体感してみた
静かに行なわれた「GeForce RTX 2080」の深夜販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加