「もんじゅ」廃炉完了に30年 計画を規制委に提出へ

「もんじゅ」廃炉完了に30年 計画を規制委に提出へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、30年で廃炉を完了する計画がまとめられ、6日に原子力規制委員会に提出されることが分かりました。

もんじゅは去年12月に廃炉が政府決定したものの、地元との調整が難航し、1年経って日本原子力研究開発機構により廃止計画が固まった形です。計画では2022年度までに燃料の取り出しを完了し、冷却材として使っているナトリウムの撤去などを段階的に進めます。そして、30年後の2047年度までにすべての作業を終えるとしています。しかし、ナトリウムの取り出しにめどが立っていないなど技術的課題も多く、廃炉費用の総額は明らかにされていません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
ネコ虐待死させた元税理士の男に有罪判決 東京地裁
千葉・幕張メッセで東京五輪に向けたテロ訓練
持病を隠して免許更新、事故を起こした女を書類送検---運転中に意識障害
東海道線9時間半ストップ、パンタグラフ破損
  • このエントリーをはてなブックマークに追加