寒くてもアクティブに!冬キャンプが楽しい理由とは?

寒くてもアクティブに!冬キャンプが楽しい理由とは?

  • tenki.jp
  • 更新日:2017/11/12

日に日に肌寒さが増してきて、そろそろ冬支度をしなければ……という季節に差しかかってきました。寒くなればなるほど、外には出たくないと思ってしまいますよね。ただ、そんなときこそアクティブに動くのもオススメ。
最近、キャンプ上級者の間で人気なのが「冬キャンプ」です。「寒いときにキャンプなんて無理!」と思う方も多いでしょうが、わざわざ冬に行うからこそのメリットもたくさんあるのです。いま話題の冬キャンプの魅力とは?

No image

冬のキャンプで大自然をひとり占め

冬のキャンプの楽しみ方1/静謐な空間で、冬の星空を観賞しよう!

空気が乾燥した冬の夜空は星を見るのに最適です。湿度の高い夏場に比べて、空気が澄みきっているため冬星がたくさん見えることでしょう。キャンプ場となっているところは、ただでさえきれいな澄んだ空をながめることができるはずですから、冬はゆっくりと美しい星空を観賞てきるはず。
また、夏のキャンプでは見ることができない冬の星座を探すのもよいでしょう。冬の星座には、オリオン座、冬の大三角など見ごたえのあるものが多くあります。キャンプ場によっては、天体望遠鏡の使い方をレクチャーしてくれるところもあるようですから、事前にチェックしておくといいかもしれませんね。

No image

満天の星空を見たいならば冬がオススメ

冬のキャンプの楽しみ方2/温かい料理で体ほかほか、至福の非日常感を!

キャンプの料理といえば、やはりバーベキューっといったイメージが強いでしょう。そうした人にとっては「冬に屋外でバーベキューなんて、寒いし、つらいし……」と感じることでしょう。
でも、寒い時季にこそ「温かさを感じられるキャンプ料理作にトライすれば、至福の非日常感が味わえる!」という理由から、最近は冬キャンパーが増加中。
さらに、「寒い屋外で料理を作るなんて大変そう……」という人もご安心を!
大きめの鍋とカセットコンロなどの簡単な調理器具さえあれば鍋もできちゃいますし、カレーやシチューなど煮込み料理も可能。寒いキャンプ地で体も心もほっこりできる料理作りトライすれば、きっと忘れ得ぬ最高の時間を過ごせるはず。こうした冬キャンプの醍醐味は、まさに「大人ならでは」の楽しみでもありますね。

No image

冬ならではの鍋料理も楽しみ

冬のキャンプの楽しみ方3/事前準備で、現地での手間は最小限に!

冬キャンプというと、防寒具を準備したり、暖房器具を持っていったりなど何かと荷物が増えてしまいがち。そのため敬遠されがちなのですが、人が少ない冬のキャンプ地だからこそのメリットがあります。
まず、何より人が少ないので、大自然を独占した優越感に浸ることができます。道具を用意するのは大変だから……という人は、まずはバンガローを借りるところからスタートしてもよいでしょう。
それに、夏場は食材を管理するために大きめのクーラーポックスに氷を入れて……といった準備が必要ですが、冬キャンプであれば、自宅であらかじめカレーやシチューを作っておいて、現地で温めるだけといったことも可能です。
それ以外にも肉や魚も食べたいな……という方であれば、ホイル焼きできる魚、肉、野菜を現地ですぐに焼けるるように準備していくと、現地での手間は最小限で済みますね。
また、夏キャンプとの大きな違いは虫がいないこと! 冬はわずらわしい虫もいませんから、料理を作るのも、星空観賞も邪魔されることなく集中できるのが魅力です。
── 何かとハードルが高いと思われがちな冬キャンプですが、人が少ない時季だからこそ大自然の醍醐味を味わえるよい時期といえます。満天の星の下、非日常的な時間を堪能できる冬キャンプを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「私が子どもの頃、これをするのが好きだったとママが写真を見せてくれた...悪夢だわ」
売れっ子FPによれば「成績のいい人はモテる人」らしい
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
日本人なら当たり前のアレ! 中国人に超ビックリ仰天された話 / 中国人「日本の中学生すごすぎ!」「要求高すぎでしょ!?」
ニトリ「カット式台ふきん」(205円)が衛生的で最高! キッチンに革命が起きる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加