敏感肌さんにもおすすめの「オーガニックアイテム」の取り入れ方

敏感肌さんにもおすすめの「オーガニックアイテム」の取り入れ方

  • 美LAB.
  • 更新日:2017/08/15
No image

敏感肌におすすめ!初心者さんのオーガニックアイテムの取り入れ方

オーガニックアイテムを取入れることは良いと言われていますが、実際何がどう良くて私達にどんな効果をもたらしてくれるものなのか、イマイチ理解するには時間がかかるものです。有機野菜など体に良い食材を食べることは何となく分かりますが、特に衣服においてはオーガニックである必要はないんじゃないかと考えますよね。しかし、敏感肌さんは特に衣服にこそ気を遣うことで、肌へのストレスが軽減するのだとか。今回はオーガニックファッションの魅力についてご紹介します。

化学繊維が肌にもたらす影響

洋服を買う時、ついデザインや値段にばかり目がいってしまいますよね。もちろん、デザインが可愛くて安かったら、多少着心地が悪くても我慢しちゃおうと妥協するものです。しかし敏感肌さんは、服によっては擦れる度にかゆくなって着られないという経験があるのではないでしょうか。その多くの原因は化学繊維によるもの。化学繊維とは人工的につくられた繊維であり自然由来のものではありません。ポリエステル・ナイロン・アクリル素材などがそれにあたります。服には衣服圧といって、摩擦によって生まれる肌への圧力がかかっています。普段私達は、そんな摩擦による肌への負担など考えていませんが、実は負担は大きく、合わない繊維に触れていると肌が乾燥する原因にもなります。

No image

インナーアイテムで肌を守る!

そうは言っても、世の中の多くに出回っている服に化学繊維はたくさん使われています。もちろん、オーガニック専門店に行けばコットン100%で作られている服もありますが、オシャレのバリエーションは限定されてしまいますし、素材の良いもの肌馴染みの良いものは、それだけ価格帯も高くなりいます。毎日着るもので化学繊維を一切使わないというのは正直、現実的ではありません。だからこそ、肌を守る役割をしてくれるインナーアイテムにこだわりを持つことが大切です。ブラジャーやショーツ、靴下やキャミソールなど、実際に生肌に長時間身につけるアイテムだけは、肌に優しいものを取り入れることで、肌への負担は軽減できるでしょう。

No image

夏の時期こそオーガニックインナーを

化学繊維は作りやすさや扱いやすさ(高いデザイン性のものを安く生産するため)を重視するがゆえに、着心地への優先度が下がりがち。特に今の時期は下着の蒸れを感じることはありませんか?実は化学繊維というのは通気性があまり良くありません、加えて摩擦で肌への圧力も高い。肌に強いストレスがかかる原因をつくります。その点、天然素材は自然由来で生まれた繊維なので通気性や吸水性に優れているので人間の肌になじみます。100%は難しくともコットンが多く含まれている下着やインナーを身に付けましょう。コットン特有のナチュラルなデザインが苦手・・・という方は、ちょっと背伸びをして上品なシルク素材のランジェリーを取入れてみてはいかが?滑らかな肌触りのインナーはオールシーズン快適に過ごす秘訣です!

角 侑子ファッションスタイリスト提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
友達5000人のカラテカ入江が明かした「目上の人の心をつかむ方法」がスゴすぎる
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析
美人は3日で飽きる?飽きない?男子の本音を聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加