乃木坂46西野七瀬が「電影少女」天野アイに、初のショートカットでドラマ主演

乃木坂46西野七瀬が「電影少女」天野アイに、初のショートカットでドラマ主演

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/14

乃木坂46西野七瀬が、テレビ東京系で2018年1月よりオンエアされる「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』に出演。主人公のビデオガール・天野アイを演じることが発表された。

No image

髪を20cmカットした、天野アイ役の西野七瀬(乃木坂46)。(c)『電影少女2018』製作委員会

すべての写真を見る(全3枚)

No image

今作は桂正和のマンガ「電影少女」の初のドラマ化作品。ドラマ版は時代設定を現代に移し替え、原作の続編の世界を描くリブート版としてオンエアされる。主人公・弄内翔を演じることが既に発表となっている野村周平とダブル主演を務める西野は役柄のために髪を約20cm切り、人生初のショートカットにヘアチェンジした。

アイは1990年代から現代にタイムスリップしてきたビデオガールという役柄で、これについて西野は「今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします」とコメント。不安をのぞかせつつも「監督もプロデューサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」と意気込みをみせる。またショートカットについては「乃木坂卒業したら切ろうかな」と思っていたそうで「良い機会でした。切ってよかったなって。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで、首が出てるのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました」と語った。なお原作者の桂正和は西野の配役について「天野アイを演じてくれて、ありがとうございます!! 昭和のキャラクターをどんな風に魅せてくれるのか、とても楽しみ!!!」とコメントしている。気合いの役作りで作品に挑む西野の姿を、ファンは楽しみにしておこう。

西野七瀬(乃木坂46) コメント

ドラマ出演について

嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。
今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。
まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします。
大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデューサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。
一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります。

原作漫画「電影少女」について

はじめは知らなかったです。それで読んでみたら、面白かったです。でも女の子がかわいすぎて、読むのが止まっちゃう。画の破壊力がすごすぎて、止まったり、もう一回戻ったりしちゃってじーって見ちゃうんですよ。
電影少女をドラマでやるんですよって言うと、周りで知っている人が多くて「何役?」ってすごい食いつかれます。
ジャンプの黄金期の作品ですし、知ってる人が多いみたいです。それがすごいプレッシャーになっています(笑)。

ショートカットについて

元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂卒業したら切ろうかなって感じで。
乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと思っていたんですけど、この役に挑戦するために20cmくらい切りました。良い機会でした。
切ってよかったなって。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。
ここまで、首が出てるのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました。
ひく人いるみたいです。ここが冷えて(首を押さえながら)。

テレビ東京系「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」

2018年1月クール 土曜深夜0:20

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西川史子、日馬富士と「泥酔大暴れ」報道否定「離婚早まったのは事実」
ローラ「しぼったぞぉ〜う!!」→「人間じゃないだろ」「リアルセーラームーン体型」
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
フジ・佐々木アナ、ワイドナで次々に失態...「汗だくになっちゃて」
NGT48・荻野由佳、細身なのに豊満なバストに絶賛の声 “彼氏いらない”発言でファン歓喜!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加