東芝、「レグザ」ブランドのテレビ事業を中国企業に譲渡

東芝、「レグザ」ブランドのテレビ事業を中国企業に譲渡

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画・画像が表示されない時はこちら

東芝は、「REGZA(レグザ)」ブランドのテレビなどを手掛ける子会社、東芝映像ソリューション(TVS)の発行済み株式の95%を中国企業に譲渡する。

東芝のテレビとのかかわりは、1928年にさかのぼる。英国で世界初のテレビジョン実験があってからわずか3年後に研究に着手し、戦後にはNHKなどと協力して技術を高め、1959年には日本初のトランジスタ式テレビ開発にも成功している。

しかし現在の東芝は社会インフラやエネルギー分野などに経営資源を集中していく方針をとっており、テレビなど映像機器については単独で競争力を強化するのは難しいと考え、中国企業を「パートナーとして迎え入れることが最適」と判断した。

譲渡先は中国の家電大手「海信(Hisense、ハイセンス)」グループの青島海信電器。ハイセンスは1969年に山東省でトランジスタラジオなどを生産する小さな会社として出発したが、今やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などを中国のみならず世界各国に展開する巨人に成長している。特にテレビについては世界3位のシェアを持つ。日本でも家電量販店などでハイセンスブランドのテレビを見かけることは多くなった。

譲渡完了は2018年2月28日を予定している。その後TVSは東芝の子会社から外れるが、当面社名は変えず「TOSHIBA」「レグザ」ブランドのテレビなどの開発、販売、修理を続ける考え。

動画・画像が表示されない時はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
要らぬなら殺してしまえ「完成規則」
神対応疲れ、働き方改革疲れ
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加