最新ランキングをチェックしよう
記録ずくめの西武・源田 “社会人時代は9番打者”からなぜ成長したのか?

記録ずくめの西武・源田 “社会人時代は9番打者”からなぜ成長したのか?

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/10/13

5日、西武ライオンズの源田壮亮内野手(24)が“新人としては56年ぶり、ショートとしては史上初”という「全試合フルイニング出場」を果たした。
「また37盗塁はリーグ2位、さらにルーキーとしては長嶋茂雄さんを抜く歴代3位の155安打、59年ぶりという10本の三塁打を記録。もっとも、どの記録が一番誇れるかを報道陣に訊かれても、本人は『分かりません、なんでしょうねぇ』(笑)」(スポーツ紙デスク)
 源田

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松坂大輔が破格の“安売りセール”で阪神、中日に移籍打診?!
「ジョーダン」じゃない!ヤクルト、手薄の左腕・アルメンゴ獲得
阪神・和田TA、「タイガースアカデミー」特別顧問就任
人的補償で阪神入り尾仲、ボディー改造に着手 体重増目指す
巨人『菅野組』、ハワイ自主トレ出発「他の子の人生を預かっている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加