10時時点の日経平均は前日比17.14円高、一部からは「短期筋のドル売りは即買戻し」との指摘

10時時点の日経平均は前日比17.14円高、一部からは「短期筋のドル売りは即買戻し」との指摘

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

10時時点の日経平均は前日比17.14円高の18324.18円で推移している。欧米市場で113円34銭までドル買いが進む場面が見られたものの、朝方112円06銭まで円高に振れたことから、反発スターとの日経平均は一時マイナス圏に沈んだ。ただ、ドル・円が112円40銭水準まで戻したことから、日経平均は寄付き水準まで回復。一部市場関係者は「短期筋がドル売りで仕掛けたようだが、112円台を割らなかったことで即買戻しを入れたようだ」と指摘している。為替、株式ともに売り崩しにくい地合いが続いているようだ。

TOPIXコア30銘柄では、パナソニック<6752>、ホンダ<7267>の上げが目立つほか、三井住友<8316>、野村<8604>、三菱地所<8802>、ソフトバンクグ<9984>もしっかり。一方、NTTドコモ<9437>、武田<4502>、アステラス<4503>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加