DeNA林が更改 ケガに泣いた1年に「今年は何もしてない...」

DeNA林が更改 ケガに泣いた1年に「今年は何もしてない...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

来季で3年契約の3年目を迎えるDeNAの林昌範投手(33)が1日、横浜市内の球団事務所で契約交渉し、現状維持の4100万円で更改した(金額は推定)。

「今年は何もしていない」と1年を振り返った。今季は春季キャンプ中の左太もも裏肉離れに始まって3月には左肩痛、5月には左太もも前肉離れと故障に泣かされた。

「体の状態は今が一番いい」と言う。「真っすぐをよみがえらせるフォームに修正した。ケガから最後は真っすぐでいけるというのがあった」と手応えを口にする。

「12月中は投げ込んで、1月頭にはブルペンに入りたい」と従来より早めの調整をして、復活を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
王貞治氏、荒川氏の死を悼む 「今の僕があるのは荒川さんの情熱があったから」
「世界の王」育てた猛特訓=合気道をヒントに-荒川博さん死去
今年心に残った音は? 防災無線の速報も
【阪神JF展望】怪物娘ソウルVS無傷3連勝ジューヌ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加