女性4人トップレス姿で訴え 少女の亡命受け入れ

女性4人トップレス姿で訴え 少女の亡命受け入れ

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/01/10
No image

動画を見る(元記事へ)

家族の虐待から逃れてタイで拘束されたサウジアラビア人の少女が亡命を希望しているオーストラリアで、女性4人がトップレス姿で亡命を受け入れるよう訴えました。

シドニー市内にあるサウジアラビアの総領事館の前にトップレス姿の女性4人が現れ、「すべての女性に自由と安全を」「彼女の受け入れを」などと書かれたプラカードを掲げました。サウジアラビア人のラハフ・ムハンマド・クヌンさん(18)は、家族の虐待から逃れる途中に経由地のタイで拘束されたとツイッターで助けを呼び掛け、その後、国連の機関に保護されました。今は難民として認定され、オーストラリア政府が亡命を受け入れるかどうか検討しています。参加者の1人は「オーストラリアでは女性にこうして主張する権利が認められているということを伝えたかった」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「中露が手を組む事態だけは避けねば」 安倍首相が目指す日露新時代とは
旧ソ連の北方領土占領、米国が軍事支援していた...歴史の定説を覆す発見
タリバンがアフガン情報機関を攻撃、死者65人か
世界が注目!ブルガリア『盲目の予言者』が2019年を予言していた
平和条約交渉、日ロ首脳が主導=2月に独で外相会談-共同経済活動、進展を指示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加