サーレンブラントなど、セントライト記念厩舎情報/美浦トレセンニュース

サーレンブラントなど、セントライト記念厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/09/15
No image

競馬に向けてスイッチが入るので、レースでは折り合いがポイントになるサーレンブラント(撮影:佐々木祥恵)

3着まで菊花賞(GI・京都芝3000m)の優先出走権が与えられるセントライト記念(GII・中山芝2200m)に、美浦から出走する注目馬について、関係者のコメント。

■サーレンブラント(牡3・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
「前走(信濃川特別・1000万下・3着)は前が有利の馬場状態で追い込んできましたし、時計の速い馬場にも対応できました。春先は馬がしっかりしていなくて、コーナーを回る時にも外に膨れてエネルギーも外に逃げていましたが、前走を見ると馬が力をつけてきていますね。

今週(9/14)の追い切りでは右前脚が落鉄していましたが、以前よりも動けるようになっていますし、時計的にも十分だったと思います。普段は扱いやすい馬ですが、競馬に向けてスイッチが入る馬なので、レースでは折り合いがポイントになるでしょう。あとはコーナーを回る時に外にエネルギーが逃げず、上手に力を溜めて直線に入ることができれば、終いは良い脚を使えると思います。ここで賞金を加算して、先に繋げていくことができれば良いですね」

■サンデームーティエ(牡3・美浦・谷原義明)について、谷原調教師。
「他の馬が近くにいるとハミを噛みますが、1頭で走らせると折り合いがつきます。先週併せ馬でしっかり追い切っているので、今週(9/14)はさほどやらなくてもいいなと、単走で上がり重点の内容でした。これでレースに向けちょうど良くなると思います。気難しい面がありますので、放牧に出さずに在厩で調整をしています。それがうまくいって体も増え、現在は450キロ近くあります。競馬では440キロほどで出走できるでしょう。距離は長ければ長いほど良いですし、道悪も歓迎ですね。あとは自分の競馬でどこまでやれるかだと思います」

■ストロングレヴィル(牡3・美浦・堀宣行)について、森調教助手。
「休み明けで中間は全体的に体のゆるさがありましたが、今週(9/14)の追い切りは良い動きでしたし、このひと追いで態勢は整うと思います。今回は格上挑戦ですし、東京コースの方が良いので厳しい面もありますが、現状、力を出せる状態なのでどこまでやれるかでしょう」

■ローリングタワー(牡3・美浦・伊藤伸一)について、伊藤調教師。
「北海道で2戦してきましたし、先週しっかり追い切っていますので、今週(9/14)は息と体を整える程度でやり過ぎないように注意しました。競馬が上手な馬なので、中山コースは合っていると思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【焼肉】この値段で“A5和牛食べ放題”!? 超コスパすぎて不安になる「たなか畜産」が肉好きの天国だった
有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は......!
ウソみたいだろ!iPhone Xが「Galaxy S8」に性能で劣ると話題になる!
教えて! ぶっちゃけ妊娠中も「セックス」してた?
ダイソーの「Bluetooth リモコンシャッター」がマジ最高! これがあれば手ブレなし、完璧な角度で自撮りできちゃう / 美肌カメラでも使えるよっ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加