香川も指摘する攻撃のアイデア不足、そして守備も...新生ドルトムントの現状と課題とは!?

香川も指摘する攻撃のアイデア不足、そして守備も...新生ドルトムントの現状と課題とは!?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/16
No image

欧州サッカークラブ選手名鑑の完全版! 『2017-2018ヨーロッパサッカー・トゥデイ』好評発売中! 定価:1204円+税 インターネット販売は<a href="http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=29701" target="_blank">こちら</a>。

No image

ポゼッションを志向するボシュ監督のサッカーは、すぐに浸透するものではない。果たしてチームの完成はいつになるだろうか。 (C) Getty Images

No image

創造力に欠ける現在のドルトムントにおいて、香川は変化やアクセントを与えられる存在だと言えよう。右はダフード。 (C) Getty Images

ブンデスリーガ第3節のフライブルク戦、ドルトムントはスコアレスドローに終わった。前半途中に退場者を出した相手に対し、1時間以上も数的有利な状況で攻め続けながら、最後まで相手の守備を崩すことができなかった。

この日、出場のなかった香川真司は、次のように分析している。

「チームとして、攻撃のかたちを作るのがなかなかうまくいっていないのかな、と。この1試合に限らず、3試合を見ても、もっとアイデアを増やし、攻撃の質を高めていかないと。攻撃のバリエーションがなかったのかなと思います」

香川の言葉通り、フライブルクの全選手が自陣深くに戻って築いた壁の前で、ドルトムントはただボールを回すばかりだった。

クリスティアン・プリシッチの突破力、ピエール=エメリク・オーバメヤンの得点力、そして新加入アンドリー・ヤルモレンコの破壊力と、前線に武器は揃っている。では、その武器をどのように活かすのか。

気になるのは、ボールを自陣からどのように運ぶのか、というのがあまり整理されていない点だ。ここまでCBでプレーするソクラティス・パパスタソプーロスも、マルク・バルトラも、エメル・トプラクも、ボールを持ったまま出しどころを探しては結局、横パスかバックパスという場面が散見される。

ビルドアップからボールを前線に運ぶのは、攻撃の大事な第一歩。そのためには、相手にボールを持たされるのではなく、自分たちから意図的に持てる状況を作ることが理想だ。

つまり、彼らDFがボールを持った時に前の選手が呼応して動き出し、狙い通りにボールを呼び込み、そこから一気にチャンスを作り出せるようなイメージの共有ができていることが望ましい。

チャンピオンズ・リーグのトッテナム戦の前半では、比較的うまくボールを運べたように見えた。これはこの日、中盤でスタメン起用された香川やマフムード・ダフートが中盤の深い位置まで下がって、そこから運び出していたおかげでもある。

ただ、これだとボールを前線に運べても、本来、前線に顔を出すべき2人がいないわけだから、そこから先に持ち込むのが難しくなる。この辺りは、今後への課題として取り組まれていくことだろう。

トッテナム戦でも、後ろからうまくボールを運べている時間帯では、相手守備間のスペースでボールを受けた香川からのパスで、何度か好チャンスを作り出せていた。DF陣だけでボールをそこまで運ぶ頻度が増えてくれば、おのずと攻撃の歯車はよりスムーズに回るはずだ。 守備でも、改善が求められる。ペテル・ボシュ監督が志向するハイプレス・ハイスピードのコンセプトについて、選手は頭では分かっていても、まだ自分たちのものにはしていない。人数をかけてボールを奪いに行きながら、あっさりといなされてそのまま相手にカウンターを許す場面が多い。

この点に関して、トッテナム戦でテレビ解説していた元ドイツ代表GKのオリバー・カーンが「1試合でファウルがわずかに6!? このレベルで戦うには、競り合いにおける激しさが足らない」とピシャリ……。

もちろん、新しい戦い方がすぐに浸透することはなく、まだ時間が必要なのは言うまでもない。それでも「奪い切る」ための決断に迷いが生じたり、決断したはずが、思い切りが足らずに中途半端なプレスになったりという点は、早めに改善されなければならない。

チームの安定感は、香川のパフォーマンスにも大きな影響を与える。狙いを持ってボールを回し、それぞれがチームのなかでやるべき役割を把握している時にこそ、攻撃バリエーションにアクセントを加え、プレーリズムに変化をもたらす香川の持ち味が、最大限に発揮されるからだ。

とはいえ、まだまだ基盤作りの段階。ここから細部を修正しながら、チームのあり方が築き上げられていくことだろう。

文:中野 吉之伴

【著者プロフィール】
なかの・きちのすけ/1977年7月27日秋田生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。「ドイツ流タテの突破力」(池田書店)監修、「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)執筆。最近は日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミス・アース日本代表、斎藤恭代さんー駐日フィリピン大使を表敬訪問
フィギュア・三原が海外初戦のモントリオール入り
ウニオン内田フル出場「蹴るんだ、という印象」
安田大サーカスの団長安田がトライアスロン代表入れず頭丸めた!
岐路に立つ本田、まだ時間がある/岡田武史論・下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加