平昌五輪メダル目標は「金を含む9個」 山下本部長が公表

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕強化本部長が都内で講演を行い、来年2月の平昌冬季五輪での獲得メダル目標を「金複数個を含む9個」であることを公表した。

今年3月末のプロジェクト会議でメダル獲得が有望な9選手(一部団体種目)の具体名を挙げて策定。「女子スキーのジャンプはいい。小平さんも凄い。羽生さんの2連覇も見たい。そういう意味では決して複数の金メダルは不可能じゃない」と説明した。

また、私見としながらも20年東京五輪では「過去最高の金30個を目指したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「ワンデーアキュビュー」約3万箱、自主回収へ
宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ
Amazonプライム会員の知られざるお得技3
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加