【栗東通信】武豊が“好時計連発”

【栗東通信】武豊が“好時計連発”

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20
No image

「マスコミ向きの時計をバンバン出してるわ」。武豊騎手(47)=栗東・フリー=がそう言って笑う。

天皇賞・秋(30日・東京)でコンビを組むエイシンヒカリ(5歳オープン)は19日の1週前追い切りで栗東CW6F77秒5-5F63秒0。文句なしにこの日の一番時計だ。

また、リスグラシュー(2歳500万下)のアルテミスS1週前追い切りも4F50秒6と栗東坂路の一番時計。菊花賞出走馬エアスピネル(3歳オープン)の同坂路追いも5位の速さだった。

“攻め大将”というわけではなく、どの馬も実力馬だ。エアスピネルには「ポテンシャルの高さは見てもらって分かる通り。チャンスがある。エアシャカールの親戚だしね」と期待。その00年覇者エアシャカールなど、菊花賞歴代最多の4勝を挙げる菊男の手綱に注目が集まる。(井上達也)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「女性経験がありません」逃げ恥・平匡の告白に、女性ファン悶絶!
「3.11」の映像、中国人が注目したのは「道路」
白石美帆にV6長野博との結婚を「急がせた」2人の女優
「これはサッカー史に残る!」GKによるビューティフルな劇的ゴールが決まる(動画)
妊娠したらどうするの!?生挿入をしたがる男性の本音5つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加