「なんて馬鹿げたパスだ!」デ・ブルイネの“鬼クロス”をメディアもファンも大絶賛!

「なんて馬鹿げたパスだ!」デ・ブルイネの“鬼クロス”をメディアもファンも大絶賛!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/19
No image

練習の合間、マルティネス監督と話し込む。厚い信頼関係で結ばれる。(C)Getty Images

No image

W杯初戦でいきなり妙技を披露したデ・ブルイネ。ベルギー代表の世界初制覇は、この司令塔の出来いかんに懸かっている。(C)Getty Images

まさにエンターテナーの面目躍如だろう。ともすれば退屈だったゲーム展開に、衝撃的な娯楽を運んだのだ。ベルギー代表MF、ケビン・デ・ブルイネである。

月曜日に行なわれたロシア・ワールドカップのグループG第1節、パナマ戦だ。格下相手にゴールラッシュも期待されたレッド・デビルズ(赤い悪魔。ベルギー代表の愛称)だったが、前半は出足の鋭い敵のディフェンスに手を焼き、逆に強烈なカウンターをお見舞いされるなど、アタフタする場面が続いた。ベルギーのスポーツ専門チャンネル『Sporza』は「見るべき点がほぼない45分間」と表現。0-0でハーフタイムを迎えた。

しかし後半は、優勝候補が地力の差を見せつけた。47分にドリース・メルテンスの鮮やかなドライブショットで先制点を挙げると、パナマがにわかに反攻ムードを高める。しかしベルギーがこれを見事に封殺し、パナマは徐々に運動量が落ちてペースダウン。そして69分、デ・ブルイネが超絶技巧を披露するのだ。

ペナルティーエリア手前でボールを受けたマンチェスター・シティMFは、マーカーを軽く交わして縦に持ち出すと、右足のアウトサイドで素早くクロス! 美しい弧を描いたボールはロメル・ルカクの頭にドンピシャで到達し、豪快なゴラッソを生み出した。試合はその後ルカクがもう1点を追加し、終わってみればベルギーが3-0の快勝だ。

先述の『Sporza』が速報で称えたのが、デ・ブルイネの“鬼クロス”だ。「創造主が輝きを放った瞬間だった。その閃きと正確なプレーに我々は酔わされたのだ」と評した。そして欧州スポーツTV局『Eurosports』は「ホンモノの魔法使い。ファンがそのアシストに熱狂」と題し、ツイッターに寄せられた声を紹介。「信じられない。なんて馬鹿げたパスなんだ!」「誰も止められない。あんなの反則だろう」「今大会のベストアシストに早くも認定!」「すでに20回は観たよ」と、賛辞のメッセージが止まない。

2017-18シーズンからプレミアリーグで新設された個人アワードが「プレーメーカー・オブ・ザ・シーズン」。いわゆるアシスト王で、その初代受賞者(16アシスト)となったのがデ・ブルイネだ。天性とも言えるイマジネーションを、さっそくワールドカップ初戦で発揮したのである。
試合後、デ・ブルイネは淡々とした口調でインプレッションを明かした。初戦の難しさを吐露しつつ、いかにも“らしい”言い回しでパナマ戦を振り返ったのだ。

「たしかにイージーな試合ではなかったし、とくに前半のパナマは凄まじい勢いで僕たちに戦いを挑んできた。でも終わってみればどうだったか。パナマはスタミナと集中力が落ちていき、僕たちはゴールを重ねることができた。ワールドカップのような大会では、初戦からベストである必要なんてない。どのゲームにもそれぞれ難しさがあって、それごとにしっかり対応できたチームが勝者になれるんだ。僕はそう思う。だから結果的に今日の僕たちは、上手くやれたと考えている」

どこかスロースターターの印象を与えたベルギーながら、司令塔デ・ブルイネは終始切れのある動きを披露し、コンディションの良さを窺わせた。悲願のメジャータイトル奪取を目論む赤い悪魔。脂の乗り切った26歳のジーニアスが、その水先案内人となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フランスのPK獲得は“誤審”と英解説者が一斉に指摘 「愚かな判定」「ありえない」
ロシアW杯ワーストイレブン。Fチャン編集部が選定、世界を失望させた男たち【編集部フォーカス/ロシアW杯】
W杯フランス優勝&旭日旗がパリ祭パレードの先頭に
「日本は誰にとっても“2番目に贔屓”のチーム」米メディアがW杯出場32か国・最終格付けで特大の賛辞!
なぜ日本代表は「タトゥー」を入れている選手がほとんどいないの?=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加