W杯南米予選で「談合」か。エース・ファルカオのひそひそ話から両チーム歓喜へ

W杯南米予選で「談合」か。エース・ファルカオのひそひそ話から両チーム歓喜へ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/12
No image

W杯出場権を懸けた一戦が両チーム笑顔で終了【写真:Getty Images】

現地時間10日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節のペルー対コロンビアで談合があったのではないかと噂になっている。アルゼンチンメディア『TyC』などが伝えた。

ペルーとコロンビアは10日、W杯南米予選最終戦で対戦。この試合は1-1の引き分けに終わり、コロンビアは4位でW杯出場決定、ペルーは5位で大陸間プレーオフに回ることが決まった。

同時刻に開催されたブラジル対チリの一戦は、3-0でブラジルが勝利を収めており、ペルー対コロンビアが1-1で終わると、チリの敗退が決まる状況だった。

厳しい状況にあったペルーはアグレッシブに戦っていたが試合終盤、コロンビアの主将であるファルカオが口もとに手を当ててペルーの数選手となにかを話し、落ち着きを求めるようなジェスチャーをした。その後、試合のテンションは下がり、アディショナルタイムはペルーが最終ラインでパスをつなぐだけで試合終了となっている。

試合終了を告げるホイッスルと同時に、両チームが大喜びしたこのゲーム。“談合”があったかは定かではないが、ブラジル対チリの結果が伝わったことが試合に影響したのは明らかなようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田2試合連続フル出場、無回転ミドルが得点に繋がるも...パチューカは3戦未勝利
ロンドン金の元米体操選手、チームドクターからの性的被害告白
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
バルサ、ピケ退場と政治の影響の中で3連勝 ユーベも2位浮上
カバーニ、PK巡り衝突したネイマールとの関係語る。「友人である必要はない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加