「夫が何度も不倫を...」切実な相談と思いきや まさかの衝撃告白に批判殺到

「夫が何度も不倫を...」切実な相談と思いきや まさかの衝撃告白に批判殺到

  • しらべぇ
  • 更新日:2018/07/16
No image

(eskaylim/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

結婚した後で、本当に好きな異性と出会ってしまったら…そのとき人は、どのような行動に出るのだろうか。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』にて、過去に夫が何度も不倫をした…という女性からの切実な投稿が寄せられたのだが、想像を裏切る告白が波紋を広げている。

■不倫を繰り返す夫に悩む、2児の母

投稿者は、2人の子供を持つ既婚女性。投稿者の夫は過去に何度も不倫をしてきた他、お金をめぐって夫婦で揉めることもあり、夫とは離婚寸前の状態だという。夫との離婚についての相談かと思いきや、投稿者は…

「そんな私も同じ会社に好きな人ができました。本気で好きです。向こうも好きだと言ってくれています」

と、同掲示板に衝撃の告白をつづった。

■同僚の彼からそっけない返答

しかし、投稿者が意中の同僚の男性に「私が離婚して、実家(車で5時間ほどかかる遠方)に戻ることになったら寂しい?」と訪ねたところ、「最近(投稿者が)怒ってばっかりだし、怒られなくていいかな」との返答が返ってきてしまったのだそう。

意中の彼からのそっけない返答に、「この程度の気持ちだったのかと思うととてもショック」と気持ちを打ち明け、「彼は諦めるしかないでしょうか」と、他ユーザーに意見を求めている。

■「気持ち悪い」と批判殺到

夫婦関係の赤裸々な悩みが明かされるのかと思いきや、想像の斜め上を行くまさかの告白に、多くユーザーが絶句。「気持ち悪い」など、批判の声も相次ぐ事態に。

・きもい一択

・目くそ鼻くそだな

・子どもは親を選べない。実家のご両親がまともだといいなぁ

・離婚もしていないうちに、何してるのかなあ。自分自身有責になれば、取れる物も取れなくなりますよ。旦那に不満があり、隙だらけの女だから、遊べると思って甘い言葉いっただけですよ。離婚して実家に帰れば、そのまま綺麗にさよなら―。でしょうね。何を信じていたの?

・そんなんどうでもいいわ。子どもの心のケア考えてよ

中には、着実に現実味を帯びる夫との離婚訴訟を見越して、強く警告するユーザーも。また、子供の心の傷を心配する声も相次いで寄せられている。

■遊ばれただけ、と憐れむ声も

また、夫に不倫され、寂しさを募らせる心の隙につけ込まれた事実を憐れむ声も。

・人妻に手を出す男なんてそんなもん

・それが 不倫。男は タダでできる無料風俗くらいにしか思ってない。それなのに女は本気にする。不倫に愛があると思うのは女だけ、男はそこまで 思ってないし、考えてもない

・向こうも単なる性欲の捌け口程度におもっているんでしょう。こいつ、突然、何を期待し始めてんだ!! と今頃先方もつきあい方を考え直している頃かもね

「人妻に手を出す男とは…」と、滾々と投稿者を説得するようなコメントが目立つ。

■男性のほうが「不倫」に寛容

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,357名を対象に「不倫する人をどう思うか」調査を実施したところ、女性よりも男性のほうが不倫に寛容であることが判明。

No image

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちょっとした「火遊び」を楽しんでいる男性は、少なくないのかもしれない。

大切な人に裏切られたショックや寂しさから、温もりを求めてしまった投稿者。問題の根源は夫の不倫にあるとは言え、子供たちの心の傷が心配である。

・合わせて読みたい→結婚後に夫の「衝撃の秘密」が発覚 それでも結婚を続ける理由に同情の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2つ年下の大好きな彼から“結婚”を前提とした同棲の提案。有頂天になった女に忍び寄る、黒い影
逃さないで! 転職するベストタイミング3つ
眞子さまの恋人・小室圭さん、“億超”警備費は税金――「国民が怒る問題じゃない」と弁護士解説
不倫しやすい女性の特徴。体型、髪型にも傾向が...
痛風を引き起こす危険な食品 要注意はプリン体だけじゃない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加