25歳の奥手な男性が初恋の相手と再会、スガワラエスコの新連載がYJで

25歳の奥手な男性が初恋の相手と再会、スガワラエスコの新連載がYJで

  • コミックナタリー
  • 更新日:2018/07/12

本日7月12日に発売された週刊ヤングジャンプ32号(集英社)にて、「マドンナはガラスケースの中」のスガワラエスコによる新連載「花待ついばら めぐる春」がスタートした。

No image

「花待ついばら めぐる春」第1話の見開き扉ページ。

すべての画像を見る(全2件)

「花待ついばら めぐる春」は、中学時代の恋にトラウマを持っている25歳の男性生物教師・大草拓馬を主人公に描くラブストーリー。大きなトラブルを起こすことなく順風満帆な日々を送っている拓馬だったが、恋愛に対しては奥手で、25歳になった今でも女性と対面すると「この人の初めての男はどんな人だろう」と妄想してしまう癖を持っていた。そんなある日、彼にトラウマを植え付けた初恋の相手・姫川いばらが、中学時代の同窓会に参加すると知ったことから物語は動き出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「それはただの先輩のチンコ」発売で、声に出さなくても注文できる申込書を配布
大仏顔JKと鹿の奈良コメディ1巻、小野友樹が一人二役で熱演したPVも
映画「文スト」BD特典や発売イベント情報を公開&新たなコラボ展を福島で
バカップルがひたすらイチャイチャする「最高は俺のアヤカ 俺のアヤカは最高」
場末のスナック舞台にしたギャグ「スナックバス江」2巻で、作者の色紙当たる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加